今年もよろしくお願いします2022

こんにちはこんばんは。

そして、遅ればせながら、今年もよろしくおねがいします。

毎年、年末もダラダラと何かをし、年始も割と早々に何かしら
してはいるものの、靴教室がお休みだとなんとなく作業部屋の
空気もフリーズした感覚。

ですが、昨日無事に年明け一回目の靴教室となり無事に
スタジオmmkの2022年がスタートした気持ちです。

改めまして、2022年もどうぞ宜しくお願いします。

今年は靴をたくさん作る年になればいいなと強く思っています。
いや、誓います。

この情勢の影響もあり、ここ数年は特に革靴に対する世の中の
視線が大きく変わってしまったと体感しています。

実際に私も外出は以前に比べてかなり減り、様々な場で
スニーカーを履く機会も増え、靴屋でありながら革靴を
履く機会が減っていたのも事実。

ただ、その一方で時折ある外出時には、何を着て行こうか、
何を履いていこうかと考える時間も実に楽しく。そんな時に
下駄箱に安心して履ける革靴があることがどれだけ嬉しいこと
なのか、と以前に増して感じました。

以前は「おしゃれは足元から」という言葉は少し大袈裟だなと
思っていたけども、おしゃれを楽しむにはソレをサポートする
靴がないと成り立たないな、という意訳的気づきがありました。

これからも靴屋としては決して背を向けてはいけない言葉として
心に刻みながら、安心しておしゃれを楽しめる靴をオーダーお仕事でも
靴教室もでご提案していけたらと思っています。革靴に気持ちが
寄ってきましたらぜひご相談ください。

そして今年は靴教室やワークショップお仕事もより精力的に
取り組んでいけたらとあれこれ考えてます。

この情勢になってすぐころ、モノ作りの世界は実に無力だと
感じた時もありましたが、実際に教室やワークショップの
場にはこれまで通り楽しさが溢れる豊かな時間流れ、私は
本当に救われてばかりでしたし、ご参加の生徒さんや参加者の
皆さんからもこの場があってよかったと言っていただくことも
多かったです。

さらにモノ作りって作業の積み重ねではあるんだけども、
と同時に取捨選択の繰り返しでも。この相反する二つを
行き来しながら先に進むのが実に心地よいというか痛快
というか。靴教室やワークショップでもこの感覚を楽しんで
くれている人が多いのかな?と感じました。

これからもモノづくりを通してスタジオmmkの強みを
活かした楽しい時間をご提案していけたらと考えています。
靴作りモノ作を始めたいな、再開したいな、なんて方が
いたら是非お問合せください。ご一緒できれば嬉しいです。

年明け早々、長尺ブログとなり失礼しました。
これもまたスタジオmmkの特徴ですね、、。
懲りずにお付き合いいただけたら幸せ、です。

改めまして、今年もよろしくお願いします。

スタジオmmk 鈴木克利・満美子

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

ありがとうございました2021

こんにちはこんばんは。

一つ前の投稿でしれっとスルーしてしまいましたが・・・
しばらく続け(られて)いた「新しい靴のこと」も
裁断どころか既に底づけも終わり磨きもかけ既に形に
なっていて、さてどこまで遡ろうかというところですが・・

新年には気持ちも新たに形になったものを含め、続きをあれこれと
ご紹介をと思っています。引き続きお付き合いいただければ
嬉しいです。

そんな今日は今年最後のご挨拶です。

今年も一年、スタジオmmkにお付き合いいただきありがとう
ございました。

振り返れば振り返るほど心残りがあるような、ないような、
色んなことがあったような、何もなせてなかったような、
複雑な気持ちの一年でした。

(もう少し本音を言うと、こんなタフな年は久しぶりだな
という思い。無事に終えることができホッとしています)

そんな中で、今年は昨年以上に自分たちの強み、
そして弱みは何かなと考える時間が例年より
多かったと感じてます。

この答え合わせは来年だけでは叶わないと思うけど、強みを
見失わなかったことが今年の光であり救いだったなと。

まだまだ歩みの遅いスタジオmmkですが、来年以降も
セットポジションはしっかりとしつつ、軽やかに楽しく
でももちろん真面目に注文靴屋道を歩んでいきたいと思います。

改めまして、今年もお気持ち寄せていただき
ありがとうございました。また来年も変わらず
お付き合い頂けたら幸せ、です。

それではみなさま、良いお年をお迎えください。

スタジオmmk 鈴木克利・満美子
ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

活動のご報告

こんにちはこんばんは。

そしてまたまたお久しぶりですになってしまい、
もうどこかに隠れてしまいたい気持ちですが、
このブログはスタジオmmk居場所そのもののため
ずっとブログの向こう側にいた、というこの頃と
させてください。

という本日はその向こう側、最近の活動のご報告です。


レクサス•船橋店にて開催のオーナー様向けの
ワークショップの講師としてお招きいただきました。
製作アイテムはキーホルダーです。


開催時期がクリスマス前ということもあり、完成した
キーホルダーをスタッフの方にラッピングしていただき
店内に設置されたとても立派なクリスマスツリーの前で
記念撮影、という製作以外にも楽しい時間にあふれた
ワークショップとなりました。

天井まで届くかと思うほどの立派なツリー。
見るたびに笑顔が止まらず。


革は4色、金具は2色、糸の色はほぼ無限状態の中から
お好きなものを選んで一針ずつ縫い上げていただきました。


仕上がったキーホルダーを手に店内で記念撮影。
ネイルの仕様にはびっくり!
黒の革に合わせて赤のネイルにしてきてくださったとのこと。
泣ける思い。

初めて伺った時はショールームのラグジュアリーにこの場に
いて良いのだろうか、という気持ちになってしまった程でした。

が、ご参加くださいましたオーナーさまのお心遣いは実に暖かく、
いつも通りの楽しいワークショップの時間に。

さらに、打ち合わせから会期終了に至るまでのスタッフの方々の
あまりあるほどのホスピタリティのおかげで初めての場所にも
かかわらず終始安心した気持ちとなり、最終日の帰路では
名残惜しさを強く感じたほどです。

2日間という短い期間ではありましたが、心豊かな時間を過ごさせて
いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。そして、心を動かすって
どういうことかを改めて考える機会となった背筋の伸びるお仕事
でした。

改めまして、ご参加くださいました皆さま、レクサス船橋店・
スタッフの皆さま、この度は誠にありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしております。

※当日はレクサス船橋店様のご厚意でスタジオmmk製の靴の一部を
展示させていただきました。

ワークショップのご参加の方だけでなく、
偶然ご来店のオーナー様にも関心寄せていただけて、
とっても嬉しかったです。

——————

スタジオmmkでは企業さま、お店さま向けの
ワークショップも承っております。
お気軽にお問い合わせください。
(詳細については個別にご案内させていただいております)

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと05

こんにちはこんばんは。

すっかり間が空いてしまい、気がつけば11月。
はっとするほど時間が経つのが早いです。

10月後半は出張ワークショップのご依頼があったり、
別ワークショップのご依頼の打ち合わせやその準備があったり等々、
あまり製作に集中する時間がなかったのですが、11月はちょっと
ゆったりめのスケジュールをとってオーダー作業と新しい靴の製作に
集中しようと思っています。

早速ですが新しい靴のこと、その後です。

前回出た修正点を元に型紙をおこし直し、次のステップに進みました。
まずは一足、完成形を作っていきます。早速ですが裁断に入りました。

写真は先日、オットに裁断してもらった時の様子です。

これまでもこんなトピックの投稿の時は話題にしていますが
スタジオmmkでは裁断の全てをオットが担当しています。

彼の裁断スタイルは少しイレギュラーで靴用の道具を使って
裁断することはほとんどなく、基本的にはアートナイフと言われる
ペン型のカッターを使います。

アートナイフのメリットは細い刃先で繊細なラインを描けるところ。
靴はほとんどが曲線なので革用包丁だと動かしづらいんだそうです。

実際に彼の刃裁きを見ていると実に滑らかで、レーザーカッターで裁断した
かのような裁断面に身内ながら見入ってしまいます。

諸刃の剣のことわざのように、メリットがあればデメリットももちろんあって、
まずは刃が柔らかいのでコシのある革を裁断するときは思ったように刃が
動いてくれないことが多いです。

裁断している様子を見ると実に優雅な動きをしているのだけれども、
刃がスムースに動くように刃の握り方をこまめに変えたり、革を支える
場所を刃の動きに合わせてこまめに変えたり、と工夫をしながら
裁断しています。

あとは切れ味がすぐに鈍ってしまうので替刃のストックが
切れないように在庫管理が意外と大変。

とあとのはそれほど大きなデメリットではないですが、
こんな感じで、スタジオmmkは分業をしながら二人で一足の靴を
仕上げています。

ちなみに、この後の工程となるミシンの作業もオットの担当です。

作業が進んだらまた書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

出張ワークショップのご案内

こんにちはこんばんは。

10月とは思えぬ暑い日が多いですが、気持ちよく過ごせる
空気感が続いて嬉しいですね。

そんな今日は出張ワークショップのご案内です。

スタジオmmkが場を構える市川市行徳からほど近い、
江戸川区の葛西臨海公園駅に新しくできた商業施設「Ff」にて
10月17日よりスタートする「Ff WEEKEND WORKSHOP
produced by THE MARKETにスタジオmmkも参加いたします。

ーーーーー

スタジオmmkは10月31日の「選べるカラーコインケース作り」です。

ーーーーー

スタジオでの体験レッスンでもご紹介している手のひらサイズの
三角コインケースです。

ーーーーー

あらかじめカットされた革の中からお好きな色やテクスチャーのものを
お選びいただき金具を打ってコインケースにしていきます。さまざまな
色やテクスチャーの革を15種類以上ご用意しています。当日はお好みの
一枚を探してください。

ーーーーー

コインケースにも繋げられる革タグも一緒に作ります。
革タグにアルファベットや数字の刻印をいれてオリジナルアイテムに
仕上げましょう。革タグも沢山のお色をご用意しています。コイン
ケースとのコーディネートも楽しんでください。

ーーーーー

ご希望の方には革紐もご用意しています。(要別途450円)
首から下げたり、鞄の持ち手に繋げたり。さまざまな使い方をお楽しみ
いただけます。

ご予約時間内に限りとはなりますが、コインケースの追加製作も可能です。
追加料金はコインケースお一つにつき1000円となります。
贈り物などに、ぜひご利用ください。

ーーーーー

スナップボタンや革タグ用のチェーンはそれぞれ4色ご用意しています。
当日、選んだ革の色に合わせてお好きな金具を打っていきましょう。

なお、革タグの追加製作は一つ200円でお受けしています。

ーーーーーーー

革小物作りが初めての大人の方やお子様でも安心してご参加いただける
プログラムになっています。不安な作業がありましたら講師がサポート
いたします。ぜひこの機会に革小物作り体験にいらしてください。

スタジオmmkとしても出張ワークショップの開催は2年以上ぶりです。
久しぶりにスタジオを飛び出しての活動となり、今からとても楽しみです。

なお、今回Ff WEEKEND WORKSHOPにご参加に方にはFf kitchen base
でご利用いただけるお食事10%offクーポンをお渡ししています。
こちらも是非ご活用ください。

お問い合わせ・お申し込み、お待ちしております。

以下WS開催概要とお申し込み方法です。

ーーーーーーーーーーーーー

〜開催日〜
2021年10月31日(日)
※スタジオmmkの参加日は10/31のみです。

〜開催時間〜
①11:00〜
②12:30〜
③14:00〜
④15:30〜
各時間4組までとなります。
(親子でのご参加の場合はお二人で1組となります)
所要時間は50分程度となります。(前後する場合があります)

〜参加費〜
お一人1800円(お支払いは現金のみとなります)

※革紐は別料金になります 1m:450円
※追加製作分はひとつ1000円です
※革タグだけの追加製作はひとつ200円です

〜ご予約方法〜

メール・インスタグラムのDM、またはお電話にてお受けします。

メール:mail@mmk23.com
電話:047−399−0172
インスタグラム:https://www.instagram.com/studio_mmk/

メールやDMでのお申し込みの場合は下記をおしらせください。

・お名前(お子様がご参加の場合はご同伴の大人の方のお名前もお知らせください)
・当日ご連絡がつくお電話番号
・ご希望の時間帯

ーーーーーーーーーーーー

インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと04

こんにちはこんばんは。

台風一過後の気持ち良い天気が続きますね。

個人的にはこの時期が作業にとって一番快適な気候かなと思ってます。

そんな今日も新しい靴、が仕上がっていくまでを書きます。

前回書いた釣り込みを終えたフィッティングモデルに仮底をつけ、
中敷を入れて足入れです。

実際に形にしてみると、読み切れなかった点とか深読みしすぎたことが
浮き彫りになっていくので、それらの修正のためにあれこれ施していきます。


鏡を見ながらペンでラインを入れて理想的な線を求めたり
当たりが強い履き口にはハサミを入れて程よいところまで
切り込んだり、


足入れをした状態を鏡で見て全身の雰囲気を見たり、と。

修正点が思ったよりも多く出てしまいましたが、脳内のイメージから
的が外た感じもなく、次へのステップがクリアになりました。

さてここから大胆に修正を加えるか、少しずつ歩み寄るように
修正して段階的微調整を繰り返すべきか。

悩むところですが、まずはなすべきことがはっきりしたので
そこにフォーカスしてフィッティングモデル02号の型紙作りに
入ろうかと思います。

さて、肝心の足や脚・体への影響ですが、及第点かな、というところでした。
もうちょっと攻めてもいいかなと思う部分もあれば、もう少し甘やかして
もいいのかなぁ、というところも。

今回新しい靴を作るにあたり、今の自分だけでなくこれから年を重ねていく
自分に対して差し伸べたい一足を作りたいと思ったこともきっかけの一つでした。

甘やかし、はまさにこの想いと重なる部分なのですが、少し長くなると
思うのでこの辺りはまた改めて書きたいと思います。

今日もご覧いただきありがとうございました。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと03

こんにちはこんばんは。

今日も新しい靴のこと少し書きます。

正確には、新しい靴を作っている途中のこと、ですね。
チラチラ見せているわりに具体的に靴のデザインに触れてなくって
すみません。(ちょっと時差のある)現場ライブと思って
ご覧いただけたら嬉しいです。

前回までにお話ししていた革パターンをもとに仕上げた型紙で
フィッティングモデルを作っていきます。

フィッティングモデルというのは試し履き用の靴のことです。

ラフの段階ではあくまで革でラインを見るだけでしたが、実際に
足を入れることで見えてくる細かい修正点と、全身で見た時の
バランスなどを見ていきます。

そして肝心なこと。実際に履いた時に足と脚、そして歩行に
どのような影響を及ぼすかを見ていきます。フィッティングの
一番の目的です。

靴単体として良きラインとバランスが出せたとしても、良き
フィッティングが得られなければ結果的に活躍する一足には
ならないのが靴作りの難しいところ。

ということで、フィッティングモデルは簡略化する場所もありますが、
本番の靴と同じ工程で仕上げていきます。

裏革も付けるし、芯材も入れます。実際に歩くので仮の底材も付けて
中敷材も入れてその具合を見ていきます。


フィッティングモデル01号、まずはつりこみまで終わりました。
実際に履いて次のステップに進みます。果たして前に進めるか、
それとも振り出しに戻るのか。

さて、
今回は当初のイメージではブローギングを前提として作り始めました。
フィッティングモデルでは片足は省略という意味も込めてフローギング
一切なしでやってみたところ


あれれ?シンプルな切り替えだけも実に良い。とても良い。
ずっと見ていたら、こっちも履きたいかも?ってなっている私たち。

ただ、ブローギングなしとなると視覚的に受ける印象が変わって
しまうので、バンプの切り替え場所などはこのままでは詰まり気味な
印象となっちゃう。さぁ、困った。どうしようかな。
ブローギングなしバージョンの型紙作りにも入った方いいかも?!

今日もご覧いただきありがとうございました。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと02

こんにちはこんばんは。

空気はすっかり秋めいてきましたね。
と、書き出した今日は30度を超えてますが・・


しかし、入ってくる空気が程よく乾いていて
窓を開け放っての作業は実に心地よいです。

ってことで今日も新しい靴のことを少し綴ります。

前回はラフを作ってラインを見るところまでお伝えしましたが、
そのラフを私は「革パターン」と呼んでます。

ちなみに革パターンという言葉は業界用語でもなんでもなく、
私が勝手に呼んでいるだけで、(おそらく)そんな言葉は
どの靴作り現場にも存在しないです。お許しください。

話を戻しましてその革パターン、じゃぁなんでそんな呼び方を
しているかというと、ラフで作るアッパーに直接ラインを加えたり
切り込みを入れて理想のラインを探っていくからです。
洋裁の立体裁断のような手技、かなと思います。

木型の上で描いたラインを紙に落とし込み、その型紙をもとに
革を裁断してまた木型に戻すのですが、立体→平面→立体と
繰り返すうちに誤差が生じます。

誤差が生じる理由はいろいろです。平面と立体の違いや、縫い目が入る
ことでかかるテンションの影響、素材の特性、などなど。

あとは、頭の中では理想的と思っていたラインも立体に乗せると
なんじゃこりゃ!?って雰囲気に成ってしまうことも多く(汗)

ラフの段階でそこを減らす/なくせればいいのですが、なかなか
読み切れず、私は何度か繰り返して本パターン作りに入るようにしています。
答えが分かっているのに答えが出ない、実に歯痒い時間。

でも、個人的にはこの歯痒い時間が大好きでして。
想定したことが的外れじゃなかった時は嬉しいし、
仮に的外れだったとしても、本当の的が見えてくるし。
あとは、この時間だけは本当に自分たちのための時間って感じで
単純にゲームのようで楽しい。

おまけ話のような感じですが、
若い頃に少しだけお洋服作りを学びました。

結局お仕事になることはなく、ただの服好きの人で終わったなと思って
いましたが、型紙や縫製の際のあれこれにそのとき得た知識が役立って
いると思うと服作りを学んでいてよかったなと思うことが多いです。

何より、靴はお洋服を引き立てるバイプレイヤー
はスタジオmmkのモットーの一つ。

やっぱりね、お洋服って存在が靴を生かすし活かすな、と。わずかだけども
お洋服の知識が体に残っていたおかげで靴作りと靴をいろんな角度から
見れてるなー、と。

秋冬、皆さんもおしゃれしてお出かけくださいね。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと01

こんにちはこんばんは。

8月に勢いよくブログを書く!と書いておきながら
またちょっと間が空いてしまい気がつけば9月も半ばに差し掛かって
おりますね・・お恥ずかしい。。

改めまして、こんにちはこんばんは。

毎度お馴染みの前置きはこの辺りにしまして、早速ですが本題です。

リッチモンドチェルシー以来、しばらく新作の靴を作っていませんでしたが、
この夏から少しずつ着手し始めました。

と言っても、このご時世もあり、お披露目をする機会を設けるのも悩ましく。
せっかくなら、と思い新しい靴が仕上がっていくまでのあれやこれやを
ブログに書いていこうかなと思いました。

今回はスリッポンです。

細かくいうとサイドエラスティックシューズ、ゴム入りのスリッポンです。

個人的にですが、サイドエラスティックシューズって「これが答え」
みたいな雰囲気やラインがあって、その答えが出せないなら手を出さない
方がいいのかな?、でもやっぱり履いてみたいしの繰り返しでなかなか
作らずにいました。

でもある日、自分たちが履い歩いている姿が目に浮かんだんですよね。
それは快適そうだったんですよ。合わせるお洋服もイメージ湧いてきて。

それならばスタジオmmkフレイバーで作ってみればいいんじゃないかな?と
思いに至った次第です。

ここしばらくはラフを作りラインを見ては細かいライン修正、の繰り返し
でしたがようやく次に進めるかな?というところまで来ました。


ラフはシリアルNo.00~03。
No.03をベースにまずはフィッティングモデルを作っていきます。

ということで、今日はこの辺りで。ご覧いただきありがとうございました。
また書きますね。あ、今日のひとしなも間に挟んで行く予定です。
こちらも宜しくお願いします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

足もシフトチェンジ

こんにちはこんばんは。

長い雨が続いた関東地方でした。大雨だった地域の皆さんに
できる限り不便がなかったことをただただ願うばかりです。
引き続き安全にお過ごしいただければ、です。

今日はひとしなシリーズは一旦お休みして、最近のスタジオmmk
の製作現場レポートを少々。

今年はリピートのお客様からのご依頼が多いです。
10年以上のお付き合いとなる方も多く、互いに元気に年を
重ねられたことを嬉しく思うばかりです。

と同時に、互いに若い頃と明らかに体は変わってきていて、木型の
見直しや新たな素材のご提案が重要となってきました。

足長(23.5cmとか25cm、って表現する足のサイズ)に大きく変化が
ないのでお客様ご自身は小さな違和感程度のことが多いですが、実際に
採寸してみると足周寸法(足の幅や甲の高さなどなど)には大きな
変化がある事が多いです。

足周寸法こそ靴においては大切な要素なので、木型を見直したり
すでにお納めしている靴に対しては中敷類で調整をご提案したり。
あとは素材でもフィット感が変わってくるので新たな素材のご紹介も。

ちょっとの施しで歩行の楽さが変わるのであれば、やらないよりも
やった方が良い、というのが火を見るよりも明らかで。リピートの
お客様には良きタイミングでご提案させてもらってます。

好きなものを、その好きだった時のイメージのまま歳を重ねようと思うと
どこかでチューンナップやシフトチェンジが必要なんじゃないかな、と
個人的に思ってます。もし今履いている靴に以前のような便利さを
感じなくなったら是非ご相談ください。

さて一方で、前回の長財布の記事でも少し触れましたが、好みは突然違う
道に進むことも。特に体と気持ちってリンクしているので体の変化に合わせて
身につけたいものの好みも変わってきたり。実際に私もそういうことが
増えてきました。そんな時も是非お話聞かせてください。互いに発見が
あってますます楽しいオーダーになると思います。

今日もご覧いただきありがとうございました。
また現場よりあれこれレポします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes