今年もよろしくお願いします2022

こんにちはこんばんは。

そして、遅ればせながら、今年もよろしくおねがいします。

毎年、年末もダラダラと何かをし、年始も割と早々に何かしら
してはいるものの、靴教室がお休みだとなんとなく作業部屋の
空気もフリーズした感覚。

ですが、昨日無事に年明け一回目の靴教室となり無事に
スタジオmmkの2022年がスタートした気持ちです。

改めまして、2022年もどうぞ宜しくお願いします。

今年は靴をたくさん作る年になればいいなと強く思っています。
いや、誓います。

この情勢の影響もあり、ここ数年は特に革靴に対する世の中の
視線が大きく変わってしまったと体感しています。

実際に私も外出は以前に比べてかなり減り、様々な場で
スニーカーを履く機会も増え、靴屋でありながら革靴を
履く機会が減っていたのも事実。

ただ、その一方で時折ある外出時には、何を着て行こうか、
何を履いていこうかと考える時間も実に楽しく。そんな時に
下駄箱に安心して履ける革靴があることがどれだけ嬉しいこと
なのか、と以前に増して感じました。

以前は「おしゃれは足元から」という言葉は少し大袈裟だなと
思っていたけども、おしゃれを楽しむにはソレをサポートする
靴がないと成り立たないな、という意訳的気づきがありました。

これからも靴屋としては決して背を向けてはいけない言葉として
心に刻みながら、安心しておしゃれを楽しめる靴をオーダーお仕事でも
靴教室もでご提案していけたらと思っています。革靴に気持ちが
寄ってきましたらぜひご相談ください。

そして今年は靴教室やワークショップお仕事もより精力的に
取り組んでいけたらとあれこれ考えてます。

この情勢になってすぐころ、モノ作りの世界は実に無力だと
感じた時もありましたが、実際に教室やワークショップの
場にはこれまで通り楽しさが溢れる豊かな時間流れ、私は
本当に救われてばかりでしたし、ご参加の生徒さんや参加者の
皆さんからもこの場があってよかったと言っていただくことも
多かったです。

さらにモノ作りって作業の積み重ねではあるんだけども、
と同時に取捨選択の繰り返しでも。この相反する二つを
行き来しながら先に進むのが実に心地よいというか痛快
というか。靴教室やワークショップでもこの感覚を楽しんで
くれている人が多いのかな?と感じました。

これからもモノづくりを通してスタジオmmkの強みを
活かした楽しい時間をご提案していけたらと考えています。
靴作りモノ作を始めたいな、再開したいな、なんて方が
いたら是非お問合せください。ご一緒できれば嬉しいです。

年明け早々、長尺ブログとなり失礼しました。
これもまたスタジオmmkの特徴ですね、、。
懲りずにお付き合いいただけたら幸せ、です。

改めまして、今年もよろしくお願いします。

スタジオmmk 鈴木克利・満美子

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

ありがとうございました2021

こんにちはこんばんは。

一つ前の投稿でしれっとスルーしてしまいましたが・・・
しばらく続け(られて)いた「新しい靴のこと」も
裁断どころか既に底づけも終わり磨きもかけ既に形に
なっていて、さてどこまで遡ろうかというところですが・・

新年には気持ちも新たに形になったものを含め、続きをあれこれと
ご紹介をと思っています。引き続きお付き合いいただければ
嬉しいです。

そんな今日は今年最後のご挨拶です。

今年も一年、スタジオmmkにお付き合いいただきありがとう
ございました。

振り返れば振り返るほど心残りがあるような、ないような、
色んなことがあったような、何もなせてなかったような、
複雑な気持ちの一年でした。

(もう少し本音を言うと、こんなタフな年は久しぶりだな
という思い。無事に終えることができホッとしています)

そんな中で、今年は昨年以上に自分たちの強み、
そして弱みは何かなと考える時間が例年より
多かったと感じてます。

この答え合わせは来年だけでは叶わないと思うけど、強みを
見失わなかったことが今年の光であり救いだったなと。

まだまだ歩みの遅いスタジオmmkですが、来年以降も
セットポジションはしっかりとしつつ、軽やかに楽しく
でももちろん真面目に注文靴屋道を歩んでいきたいと思います。

改めまして、今年もお気持ち寄せていただき
ありがとうございました。また来年も変わらず
お付き合い頂けたら幸せ、です。

それではみなさま、良いお年をお迎えください。

スタジオmmk 鈴木克利・満美子
ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと04

こんにちはこんばんは。

台風一過後の気持ち良い天気が続きますね。

個人的にはこの時期が作業にとって一番快適な気候かなと思ってます。

そんな今日も新しい靴、が仕上がっていくまでを書きます。

前回書いた釣り込みを終えたフィッティングモデルに仮底をつけ、
中敷を入れて足入れです。

実際に形にしてみると、読み切れなかった点とか深読みしすぎたことが
浮き彫りになっていくので、それらの修正のためにあれこれ施していきます。


鏡を見ながらペンでラインを入れて理想的な線を求めたり
当たりが強い履き口にはハサミを入れて程よいところまで
切り込んだり、


足入れをした状態を鏡で見て全身の雰囲気を見たり、と。

修正点が思ったよりも多く出てしまいましたが、脳内のイメージから
的が外た感じもなく、次へのステップがクリアになりました。

さてここから大胆に修正を加えるか、少しずつ歩み寄るように
修正して段階的微調整を繰り返すべきか。

悩むところですが、まずはなすべきことがはっきりしたので
そこにフォーカスしてフィッティングモデル02号の型紙作りに
入ろうかと思います。

さて、肝心の足や脚・体への影響ですが、及第点かな、というところでした。
もうちょっと攻めてもいいかなと思う部分もあれば、もう少し甘やかして
もいいのかなぁ、というところも。

今回新しい靴を作るにあたり、今の自分だけでなくこれから年を重ねていく
自分に対して差し伸べたい一足を作りたいと思ったこともきっかけの一つでした。

甘やかし、はまさにこの想いと重なる部分なのですが、少し長くなると
思うのでこの辺りはまた改めて書きたいと思います。

今日もご覧いただきありがとうございました。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと03

こんにちはこんばんは。

今日も新しい靴のこと少し書きます。

正確には、新しい靴を作っている途中のこと、ですね。
チラチラ見せているわりに具体的に靴のデザインに触れてなくって
すみません。(ちょっと時差のある)現場ライブと思って
ご覧いただけたら嬉しいです。

前回までにお話ししていた革パターンをもとに仕上げた型紙で
フィッティングモデルを作っていきます。

フィッティングモデルというのは試し履き用の靴のことです。

ラフの段階ではあくまで革でラインを見るだけでしたが、実際に
足を入れることで見えてくる細かい修正点と、全身で見た時の
バランスなどを見ていきます。

そして肝心なこと。実際に履いた時に足と脚、そして歩行に
どのような影響を及ぼすかを見ていきます。フィッティングの
一番の目的です。

靴単体として良きラインとバランスが出せたとしても、良き
フィッティングが得られなければ結果的に活躍する一足には
ならないのが靴作りの難しいところ。

ということで、フィッティングモデルは簡略化する場所もありますが、
本番の靴と同じ工程で仕上げていきます。

裏革も付けるし、芯材も入れます。実際に歩くので仮の底材も付けて
中敷材も入れてその具合を見ていきます。


フィッティングモデル01号、まずはつりこみまで終わりました。
実際に履いて次のステップに進みます。果たして前に進めるか、
それとも振り出しに戻るのか。

さて、
今回は当初のイメージではブローギングを前提として作り始めました。
フィッティングモデルでは片足は省略という意味も込めてフローギング
一切なしでやってみたところ


あれれ?シンプルな切り替えだけも実に良い。とても良い。
ずっと見ていたら、こっちも履きたいかも?ってなっている私たち。

ただ、ブローギングなしとなると視覚的に受ける印象が変わって
しまうので、バンプの切り替え場所などはこのままでは詰まり気味な
印象となっちゃう。さぁ、困った。どうしようかな。
ブローギングなしバージョンの型紙作りにも入った方いいかも?!

今日もご覧いただきありがとうございました。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと02

こんにちはこんばんは。

空気はすっかり秋めいてきましたね。
と、書き出した今日は30度を超えてますが・・


しかし、入ってくる空気が程よく乾いていて
窓を開け放っての作業は実に心地よいです。

ってことで今日も新しい靴のことを少し綴ります。

前回はラフを作ってラインを見るところまでお伝えしましたが、
そのラフを私は「革パターン」と呼んでます。

ちなみに革パターンという言葉は業界用語でもなんでもなく、
私が勝手に呼んでいるだけで、(おそらく)そんな言葉は
どの靴作り現場にも存在しないです。お許しください。

話を戻しましてその革パターン、じゃぁなんでそんな呼び方を
しているかというと、ラフで作るアッパーに直接ラインを加えたり
切り込みを入れて理想のラインを探っていくからです。
洋裁の立体裁断のような手技、かなと思います。

木型の上で描いたラインを紙に落とし込み、その型紙をもとに
革を裁断してまた木型に戻すのですが、立体→平面→立体と
繰り返すうちに誤差が生じます。

誤差が生じる理由はいろいろです。平面と立体の違いや、縫い目が入る
ことでかかるテンションの影響、素材の特性、などなど。

あとは、頭の中では理想的と思っていたラインも立体に乗せると
なんじゃこりゃ!?って雰囲気に成ってしまうことも多く(汗)

ラフの段階でそこを減らす/なくせればいいのですが、なかなか
読み切れず、私は何度か繰り返して本パターン作りに入るようにしています。
答えが分かっているのに答えが出ない、実に歯痒い時間。

でも、個人的にはこの歯痒い時間が大好きでして。
想定したことが的外れじゃなかった時は嬉しいし、
仮に的外れだったとしても、本当の的が見えてくるし。
あとは、この時間だけは本当に自分たちのための時間って感じで
単純にゲームのようで楽しい。

おまけ話のような感じですが、
若い頃に少しだけお洋服作りを学びました。

結局お仕事になることはなく、ただの服好きの人で終わったなと思って
いましたが、型紙や縫製の際のあれこれにそのとき得た知識が役立って
いると思うと服作りを学んでいてよかったなと思うことが多いです。

何より、靴はお洋服を引き立てるバイプレイヤー
はスタジオmmkのモットーの一つ。

やっぱりね、お洋服って存在が靴を生かすし活かすな、と。わずかだけども
お洋服の知識が体に残っていたおかげで靴作りと靴をいろんな角度から
見れてるなー、と。

秋冬、皆さんもおしゃれしてお出かけくださいね。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと01

こんにちはこんばんは。

8月に勢いよくブログを書く!と書いておきながら
またちょっと間が空いてしまい気がつけば9月も半ばに差し掛かって
おりますね・・お恥ずかしい。。

改めまして、こんにちはこんばんは。

毎度お馴染みの前置きはこの辺りにしまして、早速ですが本題です。

リッチモンドチェルシー以来、しばらく新作の靴を作っていませんでしたが、
この夏から少しずつ着手し始めました。

と言っても、このご時世もあり、お披露目をする機会を設けるのも悩ましく。
せっかくなら、と思い新しい靴が仕上がっていくまでのあれやこれやを
ブログに書いていこうかなと思いました。

今回はスリッポンです。

細かくいうとサイドエラスティックシューズ、ゴム入りのスリッポンです。

個人的にですが、サイドエラスティックシューズって「これが答え」
みたいな雰囲気やラインがあって、その答えが出せないなら手を出さない
方がいいのかな?、でもやっぱり履いてみたいしの繰り返しでなかなか
作らずにいました。

でもある日、自分たちが履い歩いている姿が目に浮かんだんですよね。
それは快適そうだったんですよ。合わせるお洋服もイメージ湧いてきて。

それならばスタジオmmkフレイバーで作ってみればいいんじゃないかな?と
思いに至った次第です。

ここしばらくはラフを作りラインを見ては細かいライン修正、の繰り返し
でしたがようやく次に進めるかな?というところまで来ました。


ラフはシリアルNo.00~03。
No.03をベースにまずはフィッティングモデルを作っていきます。

ということで、今日はこの辺りで。ご覧いただきありがとうございました。
また書きますね。あ、今日のひとしなも間に挟んで行く予定です。
こちらも宜しくお願いします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

足もシフトチェンジ

こんにちはこんばんは。

長い雨が続いた関東地方でした。大雨だった地域の皆さんに
できる限り不便がなかったことをただただ願うばかりです。
引き続き安全にお過ごしいただければ、です。

今日はひとしなシリーズは一旦お休みして、最近のスタジオmmk
の製作現場レポートを少々。

今年はリピートのお客様からのご依頼が多いです。
10年以上のお付き合いとなる方も多く、互いに元気に年を
重ねられたことを嬉しく思うばかりです。

と同時に、互いに若い頃と明らかに体は変わってきていて、木型の
見直しや新たな素材のご提案が重要となってきました。

足長(23.5cmとか25cm、って表現する足のサイズ)に大きく変化が
ないのでお客様ご自身は小さな違和感程度のことが多いですが、実際に
採寸してみると足周寸法(足の幅や甲の高さなどなど)には大きな
変化がある事が多いです。

足周寸法こそ靴においては大切な要素なので、木型を見直したり
すでにお納めしている靴に対しては中敷類で調整をご提案したり。
あとは素材でもフィット感が変わってくるので新たな素材のご紹介も。

ちょっとの施しで歩行の楽さが変わるのであれば、やらないよりも
やった方が良い、というのが火を見るよりも明らかで。リピートの
お客様には良きタイミングでご提案させてもらってます。

好きなものを、その好きだった時のイメージのまま歳を重ねようと思うと
どこかでチューンナップやシフトチェンジが必要なんじゃないかな、と
個人的に思ってます。もし今履いている靴に以前のような便利さを
感じなくなったら是非ご相談ください。

さて一方で、前回の長財布の記事でも少し触れましたが、好みは突然違う
道に進むことも。特に体と気持ちってリンクしているので体の変化に合わせて
身につけたいものの好みも変わってきたり。実際に私もそういうことが
増えてきました。そんな時も是非お話聞かせてください。互いに発見が
あってますます楽しいオーダーになると思います。

今日もご覧いただきありがとうございました。
また現場よりあれこれレポします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

この頃のスタジオmmkは

ーーーーーーー

ーーーーーーー

こんにちはこんばんは、そしてまたまたご無沙汰しておりました。

なかなかブログにたどり着けず、でも大切なことはブログで
書きたいなと思っているのでしっかりとした文章を書く機会が
随分減ってしまったなというここ数年です。新作アイテムや
生徒さんの写真も年明けから全然アップできていなくて、
なんかごめん〜って気持ちばっかりのスタジオmmkのHP。

理由はわかっていて、一つはSNSを使い始めたこと。もう一つは
iPadのスマートキーが反応しなくなってキーボード打ちが出来る
端末がPCのみになってしまったということ。個人的には後者が
大きいかも、です。

えー、そんな理由?と言われてしまいそうですが、私にとって
タブレット画面での入力は苦痛以外何者でもなく・・。なんというか、
キーボード打ちは手書き感覚、タブレット打ちはデータ処理感覚。

なんて前置きという名の言い訳をいっぱいしておりますが、さすがに
HPとブログの内容が時代遅れ感が出てきてしまったので、まずは最新の
スタジオmmkをご覧いただきたいと思い、インスタグラムFacebook
この頃作ったアイテムを色々アップしていますよ〜、というご案内です。

特にインスタグラムはトップページを開くとアルバムのような感じなので
オーダーの打ち合わせの時は管理者でありながらもフォトブックのように活用
しているページです。全てのアイテムを載せているわけではないのですが
オーダーの際の参考にしていただければ嬉しいなと思います。

アルバムページにはオーダーいただいたアイテムの他、最近では新作バッグの
写真もアップしています。その名もSWINGING BAG

改めてこの場でもご紹介したいと思っておりますが、やっぱり
ちゃんとお伝えしたいという気持ちもあり文章をしたためたく。。
まずはインスタグラムやFacebookからご覧いただけたら幸せです。
お時間ありましたら、是非宜しくお願いします。フォローも励みに
なります。重ね重ね宜しくお願いします。

今日もご覧いただきありがとうございました。

この頃のこのご時世の影響もあり、メールでの打ち合わせも増えてきて、
やっぱりキーボード打ちで画面を客観視しながら文章を書くことが性に
合っているなと再確認しています。iPadになれた我が目にはどんなに
便利でもスマホの画面は小さすぎる、というのもあり。
って、スマホにしたの数日前なんですが。スマホ、便利だけど
デザインとしてはピンとこないなー。

今でも携帯電話のデザインとしてナンバーワンだと思うな、touch wood

アラウンド・ザ・未来は過去の今

みなさまこんにちはこんばんは。

寒いですね。冬なので当たり前ですが、冬に言っちゃうセリフ第1位です。
寒い。

靴作りの道具や機材は鉄製が多いので触るのも辛いし放射冷却もなかなか
なものです。が、冬は楽しさ割り増しになるモノ・コト・出来事が多いので
やっぱり好きな季節。

そして冬は注文靴屋としては春に履き始める靴を作る時期です。ちょうど春に
お渡し予定の靴を幾つかの作業が続くこの頃です。

そのうちの一足、ジェンツーのオーダーをいただき、ちょうど木型の調整を
しているところです。

ジェンツーは前屋号のmmk靴工房という名前すらない頃から作っている
モデルの一つ。アデリーの同期(?)です。
※2003年にmmk靴工房という名称でスタートし、2013年にスタジオmmkに
改称しました


多分2001年ぐらいに初めて作ったんだと思います。(上の写真のものは
2008年に私物用に作ったものです)

都度都度の改善を加えながらとはいえ、基本的には同じ雰囲気で
今も作っています。まさしく定番アイテム。

ずっとずっと前に考えた靴に今まさに思いを馳せてくれている方が
いるというは本当に、本当にすごいことだなと以前のコレクションに
オーダーを頂くたびに思います。

ずっと前にご覧いただき長らく気になっていてくださった方もいれば、
長らくその存在を知らず、最近知ったという方もいるし、
前から存在はわかっていたけど、気にもかけてなくて急に気持ちを
寄せてくださる方もいたり。

アプローチはどうであれ、私達にとっての”今”が誰かの未来になるって、
こんなドキドキすることはあるだろうかと改めて背筋が伸びる気持ちです。

新しいコレクションを作る時は今作りたいし履きたいと感じたものを
作っているのですが、もうちょっとだけ詳しく言うと、今を大切に
ものづくりをしていれば、いつかの今になる未来で過去に想いを
はせられるのかな、という気持ちを持って生み出している、
というところなのかな。「あの時この一足を作ってよかったなぁ」
って思える時は筆舌に尽くしがたい、という表現がよく合うん
ですよね。

想いをはせられる時間や時代を持てるって幸せなこと、ですね。

今日もご覧いただきありがとうございました。

一方で、
昔できなかったことができるようになった反面、昔できていたことが
できなくなるというか、軽やかにやりこなせなくなったりってことも
あって、ものづくりは己の身体との対峙でも。。

若い頃の自分に言えるなら言いたい。
思った以上にダメージ来るぞ、

とね。

想いをのせたお財布

みなさま、こんにちはこんばんは。

スタジオmmkは今日から靴教室がスタートし、ようやく
お正月感が抜けきった感じです。

この頃はすっかりSNS頼みになっていて、このブログでは
仕立てたアイテムのご紹介をほとんどできていなかったため、
ブログでも少しずつご案内をさせていただこうと思います。

昨年は靴のオーダーに加えてカバンや小物のオーダーが
多かったのですが、その中でもお財布をよく作りました。
今日は長財布のご紹介です。


ツヤ感のあるシボの型押しを施した革を用いて仕立てました。
ステッチは黒を走らせ、より黒を際立たせています。


こちらの長財布は昨年幾度かオーダーいただき製作した長財布と
同じ仕様です。

使い勝手の良いサイズ感・仕様のため、
”一回自分が使ってみたい仕上がりで作ってみよう”
という思い立ち、特に販売の予定はなく製作を進め、今後
オーダーくださるお客様向けの見本にしようと思っていたところ、
「このお財布を持った自分を想像したらワクワクとした気持ちになった」
とのお声をいただき、仕上がり次第すぐのお渡しとなりました。

革製品の中でもお財布はどちらかというと生活必需品というイメージが
あり、実際に機能性や剛性に加え飽きのこない仕上がりでといった
リクエストをいただくことが多いです。

そんなこともあり「持った時のワクワク感」という発想をお財布に対して
持ち合わせていなかったため、そんな反応に驚くと同時に、今のお気持ちを
スタジオmmkが作り出すものに反映してもらえたことがとっても嬉しく、
作り手として大変励みになりました。

確かに、生活必需品であるからこそワクワクした気持ちを思い出させてくれる
アイテムであってもいいのだな、という目線が。お客様からの反応はいつだって
私たちのものづくりの世界を広げてくれる大切なリアクションなんだなと
改めて気がつく出来事でもありました。

今後も少しずつこのような展示見本を兼ねた販売品のご用意をしていこうかなと
思っております。

使いたくなって、作りたくなって、作っちゃう。

その時の気持ちを反映したプライベートな目線がいつもより強めに加わる
アイテム作りになりそうですが、時折ご紹介していけたらです。

今日もご覧いただきありがとうございました。

実はもうすでに作りたいものがもう一つあるので、来週革を探しに行く
予定。いい塩梅の質感の革に出会えるといいなぁ。

なお、今回ご紹介した長財布は36500円(税別)〜となります。
仕様変更がある場合や、素材の変更が出る場合は価格が異なることが
あります。