そういえば苦手だったよなー


先日知人からかわいらしい木のおもちゃをいただきました。
売られているときは片足ずつであるところ、1ペアになっていた方が
絶対にかわいいから!と思わず両足買ってしまったとのことで。。。。
確かに両足あるとかわいさ倍増です。ありがとうございます!
これは小さな子供が小さい穴にヒモを通してヒモ遊びをすることはもちろん
ちょっとお兄ちゃん、お姉ちゃんになってからは遊びながら靴ヒモを結ぶ練習を
することができるシンプルだけど大変有意義なおもちゃのなのです。
確かに、幼い頃に運動靴のヒモをリボン結びにするのに苦戦した記憶、大アリです。
小さいときから遊びながらリボン結びができるようになれば、クラスで鼻が
高いですよねー。それに靴の構造としてもピシっと甲を押さえた状態の
靴の方が歩行力は高いので、しっかりと結べることで幼い頃から正しい歩き方が
できるようになるのでは〜、とも。
おもちゃに入っていた説明書を見ると、この会社は樹齢25年以上たって樹脂を
採取できなくなったゴムの木をリサイクルしておもちゃを作ることに世界で
初めて成功した会社なんだそうです。そしてその木材を丁寧に時間をかけて
無添加なままの状態で、化学処理をいっさい行わずおもちゃ作りをして
いるんだとか。
mmkもモノ作りをする上で、できる限り体に悪影響を及ぼすものは使いたくない
との思いがあるため、大変共感してしまいました。
一つ残念なのはmmkはすっかり大人でそれなりに靴ヒモを結ぶ経験値は高いので
今更靴ヒモを練習する必要もないのです。。。
そうだ、姉の子供たちに今のうちにヒモ靴信者になるように練習させよっと〜。

コメントは受け付けていません。