復活!靴作りリレー2011秋冬コレ vol.06

昨日の冷たい雨が嘘のように今日はとても暖かくよいお天気。
今日は窓全開で作業をしていると心地良いくらい。
こんな日がずっと続けば良いのに、とお天気と裏腹にすこしだけ
おセンチになりそうな土曜日。気持ちあげてこうぜサタデー、な
靴作りリレー、プレイボール!
一足目の靴の飾りリボンを作るSさん。
靴自体はキャメルのバレエシューズのようなシンプルなぺたんこ靴ですが
乙女な雰囲気を出す為にストレートチップの際にゴールド革の隠しリボンを
入れることにしました。革がキラキラしていて裁断するのがたいへーん。
でもキラキラ導入で女子力さらにアップ。
モカシンの穴あけをするOさん。
これは仮靴ですが、もったいないので仮靴も履けるようにしたい!との
ご要望で、きちんと底付けもすることにしました。とは言っても仮靴なので
せっかくなら遊んじゃおうってことで本靴はシックに黒で作る予定ですが、
仮靴はハデハデにな黄色にしました。でも裁断してみたらそれほど派手じゃ
ない感じ。
がま口ポーチの裏地を縫い終わり、アイロンがけをするHさん。
小柄なHさんによく似合う、ラブリーなピンクベースの可愛らしい生地で
作りました。今日は以前作った靴の一部が少しあたるところがあるということで
がま口作業の合間にストレッチャーを使ってあたるところを部分的に
のばしました。少し調子が合わなかったところをこのように手を加えたり、
具合が悪いところを修理しながら履き続けられるのが手作り靴の良いところ。
前回に引き続きだし縫いをするIさん。
使用した革が少し固かったようで、出し針が続けて折れてしまうというまさに
心の折れるような事態に。しかしソレを乗り越えてあと少しで縫い完了のところ
まで行きました。次回は出し縫いを仕上げてコバを切りそろえましょー。
レースアップブーツのつり込みをするYくん。
今回は初めてステッチダウン製法に挑みます。ステッチダウンをする時は
つり込みの仕方が少しだけ違うので、その辺りに気をつけながらせっせと
つり込み。次回はつま先をつり込みましょう。
今日は教室が始まる前に、お昼に食べる何かを入手しようと近所のパン屋さんへ。
あ、mmk靴工房と名前がちょっとかぶってますね。
ストレートな名前が結構いいかんじ。っていっても食パン以外も沢山。
このお店はおじさん一人でやっているからなのか、朝並べたパンが売り
切れたらそこで閉店ってお店なので、10時開店で11時ごろ閉店という
幻のようなお店。なのでいつも開店前から結構並んでて、今日も開店
15分前には10人くらい並んでました。
開店5分後にはこんな感じ。お店せまー。大人がぎゅうぎゅう。
殆どのお客さんのお目当てが食パンで、食パンは10分くらいで売り切れて
しまうという。「おじさん、もっと焼いてよ!」と心の中で突っ込んでいる
人も多いだろうなぁと買えないときに思ってしまう。。
でも沢山の希望に応えようと思っておじさんが頑張りすぎて、おじさんが
病気や怪我をしちゃったら食べられなくなっちゃう訳なので、作れるだけを
提供するってとても勇気がいることだろうけど作り手も無理なく作り続け
られるし、無駄も出ないし、お客さんもこんなものかと思って食べられる
分だけを買うし、そうすればいつまでも美味しいパンが食べられるわけだし。
おじさん、長生きしてね。

復活!靴作りリレー2011秋冬コレ vol.06” への2件のコメント

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.2 (KHTML, like Gecko) Chrome/15.0.874.120 Safari/535.2
    パン屋〜〜、うらやましか。

  2. AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.50 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Safari/534.50
    >愛理ちゃん
    写真からも少し垣間見えると思うけど、お店の中はドリフのコント級に
    簡素な作りでその点でも今時のシャレオツ系パン屋とは一線を画してるわっ。
    ゲットした食パンは早速例の罪悪but満足感満載の食べ方でも食べてみるー。
    肥える秋。。