NW boots

みなさん、こんにちはこんばんは。
あっという間に12月。年々ときの経つ速さに驚きを隠せません。

今日はグレーがかった雲に覆われた空模様で、時間が少し遅くすぎて
いるような気分に。

そんなどんよりとしたお天気の今日は、下駄箱展の案内状でも使用し、
その下駄箱展でスタジオmmkの新たな仲間として紹介する編み上げブーツ
「NW boots」のご案内です。読み方はエヌダブリュー・ブーツ、です。

まずはブーツの詳細をご紹介したいと思います。


一般的に「モンキーブーツ」と呼ばれるつま先前方部より羽根が
立ち上がる外羽ブーツです。足首からふくらはぎにかけて絞り込んで
いるため、ボクサーシューズのような雰囲気も出ています。

革底には厚口の合成クレープの滑り止めをつま先とヒールにおつけして
います。硬い足あたりになりやすい堅牢な仕立ても厚口のクレープ材が
衝撃を吸収してくれるため、足裏や腰への負担を軽くしています。


紐穴は9ホール仕立てで両面鳩目を装着しています。
鳩目のお色はアンティークか黒ニッケルを基本でご用意していますが
ご希望に合わせて本金のものもおつけできます。※要別途費用


アクセントにかかとの切り替えを入れていますが、切り替えを
入れることで羽根の崩れも防ぎ、よりしっかりとかかとをホールド
しております。さらに、履き口はイタリアンテープ仕立てにし、
足あたりをよくするだけでなく、履き口を保形しています。

下駄箱ではこのバイカラーの他にも、

ボルドーカラーの単色のものと
(鳩目:黒ニッケル)


新色としてご用意したチャコールグレー単色で仕立てたものを
試着用として展示いたします。(鳩目:アンティーク)

この2色は他にありそうでないお色。形になったものをご覧いただく
ことでイメージしやすいかなと思い試着用の靴としてご用意しました。
ぜひ会場で足を入れてみて、ご自身のお洋服との合わせを確認して
みてください。

もちろん、展示で使用をする色以外のものからのご注文もお受け
いたします。ご注文時に革見本からお好みのものをご指定ください。
バイカラーで仕立ててもよし、単色で仕立ててもよし、または3色
以上使えば、オリジナルが出せてよりパーソナルに仕上げられるかと
思います。

革はイタリア製のタンニンなめし革をご用意しています。革に
含まれるオイルが馴染んでいくたびに経年変化がおこり革の
風合いが変わっていきます。お色選びにお困りの点がありまし
たら是非会場スタッフにご相談ください。

会場ではホストの私と鈴木は少し控えめに黒の一足を履いて皆さまを
お迎えしようと思っています。

こちらは製作後、テスト走行ということですでに何度か履いた状態のもの。
幾つかのシチュエーションで履いてみて、紐の絞り具合や相性の良い
フットウェアなどを模索しています。まだ履き始めて数日ほどですが、
少しずつ革が揉まれて足首の屈曲がしやすくなってきています。

私たちの履いたところをご覧いただき、お洋服との相性や履いた時の
シルエットなどの参考にしていただけたらと思います。

ブーツ詳細のご案内が少し長くなりましたので、ブーツの名前の由来に
ついては次の機会に。ご興味お持ちいただけましたらまた覗いて
いただけたら嬉しいです。

今日もご覧いただきありがとうございました。
NW、です。私にとって大切な存在を示す記号。察しのいい方は
わかったかも?!

いつも靴の名前をつける時はその時の大変パーソナルな部分を
生かして名前をつけてます。仕事のあり方も含め、それがいいのか
悪いのか悩んだ時期も多々ありますが、無機質なものづくりは
したくないという思いは捨てられないので、これからもパーソナルな
スタイルでいきたいと思います。これからもその時々伸びたり縮んだり
登ったり下りたりしながら進んで行くスタジオmmkを宜しくお願いします。
(堀部)

mmkの下駄箱展vol.04
12月18(金)〜21日(月)神楽坂フラスコ
二年ぶりのスタジオmmk式靴の受注会です。靴の受注のほか、
カバンや小物類のオリジナルアイテムの販売もいたします。
お誘い合わせの上、お越しいただけたら嬉しいです。

案内状をご希望の方がいらっしゃいましたら是非ご連絡ください。
お問い合わせはこちらから。

Facebookページつくりました。ぜひご覧下さい!
https://www.facebook.com/studiommkshoes
「いいね」をひとポチリして頂けたら幸いです。

コメントは受け付けていません。