WS用アイテムブックカバー作りのご案内

ブックカバーのご紹介です。


イタリア製タンニンなめしのシボ革を使って文庫サイズのブックカバーを
作ります。裁断してある革に穴をあけ、お好きな色の糸で手縫をし、最後に
コバをワックスで磨いていただきます。※コバとは革端のことです。


うしろ表紙の見返しは縫いこまずバンドタイプ仕立てですので、頁数の
多い文庫もしっかりとカバー。


ブックカバー本体に共革のしおりもお付けします。しおりの
革端には小さなかしめを打ち、つまみやすくなっています。


一般的な紙のしおりが収められるようにおもて表紙の見返しの一部に
スリットをつけております。気に入った絵柄のしおりを忍ばせるのも
密かな楽しみになるかと。


お選びいただけるお色は手前から「赤・ヌメ・カラシ」の3色。
それぞれ異なる経年変化を起こす、大変風合いのある革です。
色の変化をより楽しみたい場合はヌメやカラシを、色の深みを
味わいたい場合は赤い革がオススメします。お色選びにお悩みの
場合は遠慮なくお問い合わせください。

なお、手縫糸は赤・青・緑・ベージュ・からし・茶色・モスグリーン
をご用意しています。当日お好みのお色をお選びください。

ブックカバーとしてご提案していますが、文庫サイズであれば
手帳カバーとしてもご利用いただけます。

なお、当日は前回のコインケースでも大変好評いただいた革キーホルダー
作りもご用意しています。※別途要500円

ご希望の方がいらっしゃいましたら当日スタッフにお声がけください。
※革キーホルダー作りについてはコインケースの回のブログをご覧下さい。

スタジオmmkでは革小物作りの出張ワークショプのご依頼もお受けしています。
ご興味お持ちのお店さまや施設の方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い
合わせください。
(過去の出張ワークショップのご提案アイテムなどのご案内はこちらを
ご覧ください。http://mmk23.com/?cat=16)

Facebookページつくりました。ぜひご覧下さい!
https://www.facebook.com/studiommkshoes
「いいね」をひとポチリして頂けたら幸いです。
Twitterひっそりつぶやいてます。

コメントは受け付けていません。