Blog

製作記録ページ作りました

みなさま、こんにちはこんばんは。

晴れたと思ったら雨雨雨。今日の晴れでようやく本格的な春スタート
なのかなと?期待を抱く水曜日の朝です。

今日はインスタグラムのページについてのご紹介です。
インスタグラム上に製作記録ページを作りました。完成形のものだけを
載せていくページです。
スタジオmmkインスタグラムページ

過去にオーダーでお受けしたものやオリジナルで作っているもの、
私物として愛用しているものなど、靴や鞄、小物類を載せていきます。
製作時期は順不同。最新のものもあれば、2003年に工房を立ち上げる
前に製作した初々しいものまで、ランダムにアップしていきます。
ホームページには載せていないアイテムも多数ありますので、オーダーの
際の参考にしていただければ幸いです。

おかげさまでこの4月で前身のmmk靴工房から数えて満14年になりました。
15年目スタートです。つい区切りの良い年には大それたことを考えてしまいがち
なのですが、まずは目の前にあるお仕事に真摯に取り組みながら、反対に
もっと先を見据えて地に足のついた、しかしどんな時にも心持ちは軽やかに
お仕事をしていけたらと思っています。これからもスタジオmmkをどうぞ
宜しくお願いします。

今日もご覧いただきありがとうございました。
トップの写真はご覧の通り2002年に作ったもの。テクニカルな部分や
経験値の話は置いておいて、今と大きな差のない雰囲気に照れ臭いやら
まだまだやれることあるような、でもやるべきことがわかっていた自分を
誇らしいような、リマインダーの一足です。自分の作るものを好きでいる
ことの大切さを年々感じます。

It’s a kind of picture book for studio mmk

みなさま、こんにちはこんばんは。
なかなか暖かな日が続かず、寒さと暖かさに振り回されるこの頃の
お天気ですね。体調崩されたりしておりませんでしょうか?

突然ですが、写真は2015年末に開催した下駄箱展の販売品用に
製作した猫のシルエット革チャーム。一揃いしたところを急に見たく
なって画像データを引っ張り出してみました。
(嬉しいことにご用意した分ほとんどがお嫁に行き、現在は販売しておりません)

型抜きですか?と聞かれることが多いですが、全て手裁ちです。裁断は夫が
担当しています。

行ったり来たりの曲線のため、裁断中は切り落としの革が
山積みに。他にも幾重の作業を経て完成する、小さい世界に沢山の手作業が
入る忙しいアイテムです。

チャーム作りは何かと苦労も多いのですが、絵柄をキャラクターに見たてて
脳内で紙芝居のような絵本のような「画」を描きながら製作に取り掛かるので、
作り手しか味わえない楽しさも。と同時に靴屋ならではの技術も落としこんだ
無骨な仕事も表せるアイテム。オーダー製作とは違う扉を持っていると思います。

そろそろ新しいシリーズ作りたいね、と二人で話をしています。なんて宣言して
おきながら今の時点では何のアイディアもないのですが。。

チャームはスタジオmmkのライフワークの一つなので、チャームを主役にした
楽しいことをいつかやりたいと常々アイディアを頭の中にちりばめています。
淡く淡く楽しみにしていてください。

革小物ワークショップのアイテムご紹介

みなさま、こんにちはこんばんは。

本日は革小物ワークショップ用の新しいアイテムのご紹介です。
今回ご紹介するアイテムは二つ折り財布です。今までワークショップを
開催する中で多くリクエストをいただいていたアイテムの一つです。


折りたたんだ状態の時に縦約10㎝×横約11㎝のサイズの二つ折り財布です。


内側はカード入れとコインケースを装着。
札入れはその背面になります。


3つのカードスリット以外に各面の背面にはカードが3,4枚
収まる広めのポケットもつけています。

お選びいただけるお色は
・キャメル・黒・ネイビー・カラシ・ヌメ
となります。革は全てイタリア製タンニンなめしのシボ革です。
※お選びいただける革の色は在庫状況により変更となる場合があります

今回ご提案のアイテムは仕様が細かく、今までのご提案アイテムのように
3時間のクラスを1回ご参加では仕上がらないため、複数回クラスご参加頂き
製作するアイテムとなります。参加費は材料費+クラス料金となります。

できるだけ短い期間で仕上げたいという方がいる一方で、複数回参加するので
あればせっかくなら裁断から自分でやってみたい、裁断は不安だけど穴あけの
作業は好きなので穴あけからなら、などのお声も多くいただきました。

そこで、今回は製作プロセスを幾つか設けてご参加いただけるように
しました。裁断から行う場合はこちらでの下準備があまり発生しないので
材料費が少しお安くなるように設定しています。(反対に、こちらでの
下準備の割合が多くなるものは材料費が少しお高くなります。ご了承
ください)

〜裁断と穴あけが全て終わった革をこちらで準備したものを縫い、革磨きを
行うコース〜(3時間クラス2回で完結)
・材料費5800円 
・レッスン料3500円×2回分
※作業の進行具合によって前後します。2回で完成しない場合もあります。
※1日2クラス参加の場合は1日分が6000円になります

〜裁断まで終わった革をこちらで準備し、穴あけからスタートするコース〜
(3時間クラス3~4回で完結)
・材料費4800円
・レッスン料3500円×3~4回分(製作の進行具合によって前後します)
※1日2クラスご参加の場合は1日分が6000円になります

〜裁断から始めるコース〜
(3時間クラス4~5回で完結)
・材料費3900円
・レッスン料3500円×4~5回分(製作の進行具合によって前後します)
※1日2クラスご参加の場合は1日分が6000円になります

材料費は初回参加時に清算、レッスン料は都度払いでお願いします。

今回ご提案した二つ折り財布以外にも、今まで通り定番のご提案アイテムも
もちろん受付しています。参加者の皆さまが各自のペースで製作に取り組んで
いただけたらと考えています。現在お作りいただけるご提案アイテムは
こちらをご覧ください。
※文章が一部過去日の内容となっています。

どのアイテムにおいても気軽にご参加いただけるようにしっかりと講師が
サポートいたします。そしてどのアイテムも長く使っていただけるように
しっかりとした作りのものになっています。ぜひ一度スタジオmmkの
革小物ワークショップにてものづくりを体験していただけたら嬉しいです。
皆様のお申込み、お待ちしております。

現在募集中の日程※3/27現在
・4/16(日) 10:00~(満席)or 14:00~(満席)
・5/21(日) 10:00~(空き1名)or 14:00~(空き1名)
・6/18(日) 10:00~(空き5名)or 14:00~(空き5名)
7月の日程は調整中です。8月はお休みとなります。

ーーーーーーー
スタジオmmkでは革小物作りの出張ワークショプのご依頼もお受けしています。
ご興味お持ちのお店さまや施設の方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い
合わせください。
定番のご提案アイテムはこちらをご覧ください。

FacebookページとInstagramもあります。
「いいね」をひとポチリして頂けたら幸いです。

春は忙し

みなさま、こんにちはこんばんは。

気がつけば一ヶ月以上空いてしまいました。
製作の合間に出張や業者さん巡り、打ち合わせ等々、
作業以外のことも多く、少しバタバタと日々を過ごして
いました。

振り返ってみると、ボリュームの違いはあれどここ何年も
スタジオmmkは春先から夏にかけて忙しい。いわゆる繁忙期って
やつですね。本当にありがたいことです。

とは言っても、手数(てかず)は限られてしまいお待たせしてしまう
ことも多々あり、お待ちのお客様にはご不便おかけすることもあり
長年やっていても要領よくできない自分たち。ううむ。

時間がかかる、
という点では他にも理由があって、以前は出来なかったことが
すんなりできるようになったことが沢山ある反面、トトトンと
行っていた作業に時間がかかるようにもなりました。

というのも、ご依頼を受け製作を行うという一連の流れを繰り返す
中で、足りていなかったことに気がつき新たに思いついたことなどを
加えて製作に向きあい作業の手順をリニューアルしたりと、より
じっくりとモノ作りに向き合う機会が増えてきたからだと思います。

お仕事なので遅れは禁物。作業の手も止めません。これはいつでも肝に
銘じています。と同時に、時には自分たちが取り組んでいることを俯瞰して
見て、スピードを調整したり時には勇気を出して立ち止まりたいとも
思っています。立ち止まった時にしか見えない景色ってあるんですよね。
よりクリアなモノ作りって、のめり込みと俯瞰を繰り返すことなのかも、です。

ということで、今取り組んでいる作業のラストスパートに戻ります。

今日もご覧いただきありがとうございました。
もう一つ、年齢を重ねるとともに身体的な制限が増えてきたのも作業に
時間がかかるようになった要素の一つかも。(かなしいかな)
靴作りにおいて体も道具の一つ。そろそろお手入れどきかも?!ですね。

a pair of shoemaking pincers

みなさま、こんにちはこんばんは。

晴れてますが空気はピリリとしているスタジオ界隈。
明日はお天気が崩れるとのことで、晴れ感を記憶すべく作業の
合間合間で窓の外の空を眺めております。

今日は工具のお話を少々。
写真の道具はワニと言って縫い上がった靴を木型に乗せてつりこみという
作業で立体に仕上げていくための道具です。手作り靴を作る上で欠かせない
道具の一つです。先日ご縁あって譲り受けました。日本製のワニです。

譲り受ける、と書きましたが、実は今はワニを作れる人がほとんどおらず
日本製のものを新たに手に入れたくても手に入れられないのが現状です。
日本製のものによりちかづけた中国製や台湾製などのものは手に入るので
何度か試しに手に取ってみたことはありますが、見た目は同じでもつまみ
具合や握った時のバランスなど、いつも感じている収まりの良さを見出せず。

ワニはドイツやイギリス、イタリアなどのヨーロッパ製のものもたくさんあって
それぞれ形状が異なり、人によってはイギリスのものが勝手が良い人もいるし
ドイツ製のものが好みだという人もいるのですが、私は一番最初に使った
ワニが日本のものだったこともあり、このつまみ先の小さいものが勝手が
よく感じているため、日本製のワニを譲っていただけて純粋にうれしかったです。

さて、ちょうど吊り込み待ち靴が一足縫い上がったところ。
譲りうけたワニを使ってつり込みをしてみようかな。

今日もご覧いただきありがとうございました。
と、よき時代の道具への想いを馳せてしまいましたが、道具屋さんのお話では
今使っている道具の幾つかはすでに職人さんが職を手放し、後を継ぐ方もおらず
作れる人がいないそうです。

まだまだ靴を作り続けていきたいので、今使っている道具を大切にしつつ、
これからも続くモノ作り生活のためにもの、その時々で入手できる道具に手を
なじませていくことも大切だなと思いました。ある部分には固執しつつ、
ある部分ではその場に応じて臨機応変に、ハイブリッドな靴作りを
続けていきたいと思います。

育ったカバン

みなさま、こんにちはこんばんは。

これぞ冬晴れ、な寒くてでも青い空が気持ちが良い日が
続いていますね。日に日に日没時間が遅くなっていて、
寒いけど春は着実に近づいているなと思うと冬を楽しもうと
感じる今日この頃です。

そんな冬晴れのある日にオーダーバッグを納品しました。
スタジオmmkのオリジナルトートのmmkコンテナーのカスタマイズ版です。

以前に別の色でオーダーをいただき、使い勝手が大変良かったとのことで
再度のオーダーとなりました。

数年使い暮らしの変化に伴い持ち運ぶ荷物やカバンに求めることが少しずつ
変わってきたとのことで、さらなるカスタマイズを加えて仕立てました。

今回は持ち手の長さと裏地のポケットのサイズの変更とカバン口へ
留め具を装着、そして斜めがけでも使えるように取り外しが可能な
ショルダーベルトを追加でおつけすることが新たなご希望となりました。


サイズの大きなバッグなので入れる荷物も当然容量多めになるため
ベルトもベルトに使う金具も少しボリュームを出しました。また、
ベルトにかかる負荷を考えてベルトを固定する部分はしっかりと
手縫いを施しました。

オーダーでのバッグ製作は少し久しぶりでしたが、靴のオーダー同様に
お客様のご希望を細かく反映させていく作業は手応えがあり、そして
「こんな風に仕上げるにはどうしたら良いのだろう」と仕上がりの姿を
想像しながら逆算するように頭の中で展開図を描いていく作業は実に
心地よく、初心に帰る気持ちでした。

何より、使ってみてさらに使ってみたいと思えるカバンに育っていたこと、
いや育ててもらえたことが本当に嬉しく、しかし改めて気持ちを引き締めて
行こうと感じたお仕事でした。

今日もご覧いただきありがとうございました。
今回バッグをお納めした際に既に次に欲しいと思っているバッグがあるとの
お話をいただいたのですが、その際に「あったらいいなと思っている形が
あるんだけど、全然見つけられなくて、スタジオmmkさんなら叶えてくれる
んじゃないかなと思っています」とのお声をいただきまして。
オーダーをお受けして仕事をするものとしてこんな嬉しい言葉はないなと
思いました。嬉し涙。

ワークショップ用アイテムのご紹介(数量限定)

※類似色のご用意ができたため、再度お申込み受付します。
はじめにご提案したダークネイビーは完売しました。
ありがとうございました。
ーーーーーーーーー
みなさま、こんにちはこんばんは。

本日は月一で開催している革小物ワークショップ用の新しい
ご提案アイテムのご紹介です。


今回はエナメル革を使用したトートバッグです。
持ち手に厚口のヌメ革を使用します。
参加費は6000円です。(所要時間3時間ほどの予定)


サイズは高さ約18㎝・カバン口の広さ27㎝・マチ幅約14㎝と
コンパクトながらマチを広く取り容量多めのトート。


腕にかけても、持って腕を下げて使っても程よい持ち手の
長さでどのような体型の方でも同じような使用感になる
サイズに仕上がっています。

持ち手はカシメ金具で打ちこんで取り付けます。
トップの写真のように革を外に出すように装着してもよし、

内側に入れてスッキリと仕上げてもよし、だと思います。


カシメは写真の真鍮の他に、アンティックとニッケル(銀色)
からお選び頂けます。お色は当日お選びください。
(金具が在庫切れとなる場合もあります。)


現在お選びいただけるお色はネイビーとパープルです。
真ん中がネイビー、右側がパープルです。
(左側のダークネイビーは完売しました。)
ネイビーは4名分、パープルは2名分ご用意が可能です。※1/24時点

縫製はミシンで行います。
工業用ミシンをお使いいただきますが、講師の指導のもと
操作をしていただきますので、安心してご参加ください。

オプションでポケットを付けることも可能です。

持ち手のカシメ金具を打つ時に一緒に取り付けます。
サイズはスマートフォンと後一つ小ぶりのものが収まるほどの
大きさです。追加料金は500円になります。ポケットを付けての
製作をご希望の方はお申し込み時にお申し出ください。
(当日のご用意は出来ません。ご了承下さい)

エナメルという少し艶やかな雰囲気の素材に自然な雰囲気の
ヌメ革をあてがうことで、華やかだけども落ち着いた仕上がりに
なります。また、形は大変シンプルなトートバッグですが、
エナメルの光沢感が少しだけ特別感も出してくれ、楽しみ方
いろいろ、です。

革小物ワークショップ日程
3月18日(土) 10時〜 または 14時〜
4月16日(日) 10時〜 または 14時〜

お申し込みは問い合わページに記載の電話、またはメールアドレスより
ご連絡ください。

お申し込み、お待ちしております。

ーーーーーーー
スタジオmmkでは革小物作りの出張ワークショプのご依頼もお受けしています。
ご興味お持ちのお店さまや施設の方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い
合わせください。
定番のご提案アイテムはこちらをご覧ください。

FacebookページとInstagramもあります。
「いいね」をひとポチリして頂けたら幸いです。

2017年もよろしくお願いします

みなさま、こんにちはこんばんは。

そして、
あけましておめでとうございます。

スタジオmmkは4日から業務開始となり、お教室も本日5日から始まります。
昨年末から続く陽射したっぷりのお天気のもとスタートすることができ、
このお天気のような明るい年になるといいなと感じる穏やかなスタートでした。

今年も今まで通り楽しく真面目にものづくりと向き合いって行こうと思っています。
毎年のことですが前年に蒔いた種を少しずつ育てていきたいと思っています。
少しずつ刈り取りもして、また新たな種もまいていければとも。
そして今年もたくさんのご縁が生まれたら嬉しいなと思っています。

2017年も変わらずお付き合いいただけたら幸せです。改めまして、
今年もよろしくお願いいたします。

今日もご覧いただきありがとうございました。
最後に私たちごとのご報告で恐縮ですが、これまで公私のパートナーとして
互いを支え合ってまいりましたが昨年末に夫婦となりました。

これからも変わらず互いの健康に気遣いながら切磋琢磨していければと
思っております。これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

スタジオmmk 鈴木克利 堀部満美子

2016年もありがとうございました

みなさま、こんにちはこんばんは。

年明けまでお天気続くのかな?と感じる穏やかな空気感の年の瀬、
いかがお過ごしでしょうか?

スタジオmmkは昨日29日をもちまして業務終了となりました。

今年もたくさんの方々とお会いでき、ご一緒できたこと嬉しく
思っています。スタジオmmkにかかわってくれた全てのみなさま、
ありがとうございました。

多くの人が感じているであろうと思いますが、2016年は何かと
変化を感じることの多い年でしたね。世界的にも日本としても。
モノ作りの世界も様々な変化を感じる一年でした。時にそれは
これからの在り方をも考えるきっかけにもなりました。
私たち個人的なことでいうと今年は今までやらずにいたことに
チャレンジしてみたり、しばらく続けていたことへのアプローチの
方法を変えてみたりと、やはり変化を起こしていました。

しかしながら、あくまでそれは内側から外側を見たときのことで、
改めて自分達自身を外側から見つめてみれば変わらずモノ作りの
世界に携わることのできる嬉しい一年でした。これは今年だけの
話ではなく2003年にスタートした時からずっと変わらぬこと。
変わらぬことを変わりながら続けられることに感謝です。

来年も少しずつのチューンアップとシフトチェンジを混ぜ込みながら
変わらずに楽しく真面目なモノ作りの場でありたいと思っております。
引き続き近づいたり離れたり、真っ直ぐから見たり違う角度から
見ながらお付き合いいただけたら嬉しいです。変わらずよろしく
お願いします。

2017年も素敵で健やかな一年となりますように。
良いお年をお迎えください。

今日もご覧いただきありがとうございました。
今年も最後の業務はミシンのお手入れです。

これは変えたくても変えられないかな。老体2台、今年も最後まで
とっても頑張ってくれました。ミシンたちよ、ありがとう。

ワークショップ用のアイテムご紹介

みなさま、こんにちはこんばんは。
本日は革小物ワークショップ用のアイテムのご紹介です。

今回ご提案するのは起毛革の柔らかいワンショルダートートバッグです。

作業時間・3.5時間ほど
参加費:7000円(材料費込み)


サイズは横約35㎝・縦約28㎝・マチ幅約8㎝、持ち手の長さ約60㎝
A4サイズのものが横にすっぽりと収まるサイズです。


袋本体と持ち手はミシン縫いで仕立て、持ち手を本体に縫い込むところは
手縫いで仕上げます。


肩から下げたところ。バックスキンの柔らかい素材感のおかげで
ものを入れ込むと袋部分が沈み込んで袋口がドレープし広がらない
設計です。

袋口に留め具をつけたい方や、裏地やポケットをつけたい方は
ご相談ください。(別途費用・日程かかります)


お選びいただける色は4色。※()の数字は12/25時点での残数です。

・カラシ(3名様分ご用意があります)
・茶(1名様分ご用があります。)
・赤(1名様分ご用意があります)
・青緑(1名様分ご用意があります)
※二枚目の写真の茶色は見本用に使用した別の革となります。
ご用意している茶色革はここの写真のような少し明るめの茶色です。
ご了承ください。
※カラシ・茶は両面起毛革、赤・青緑は表面が起毛・裏面がスムース仕上げ革


起毛素材の柔らかさを生かし、コンパクトに折りたためます。
折りたたみ時の大きさは文庫サイズほど。
お出かけの時やサブバッグとしてメインのカバンに忍ばせたり、
エコバッグとして使っても。旅行の時に携帯しても◎ですね。

革のご用意数に限りがあるため、用意数に達した時点で
受付終了とさせていただきます。

今回のご提案アイテム以外の製作も大歓迎です。
お作りいただけるアイテムや、参加いただく際の
細かなご案内はこちらの記事をご覧ください。

見本をスタジオにご用意しています。実物を見てから決めたい、
という方がいらっしゃいましたらワークショップ参加時に
ご覧いただくか、スタジオのオープン日に是非お立ち寄りください。
オープン日程はFacebookページにて随時ご案内しています。

近々のワークショップ開催日程は以下の通りです。
1月22日(日)10時〜空き1名 14時半〜定員に達しました。
※1/8時点
2月19日(日)10時〜 14時〜
3月以降の日程は改めてご案内します。

皆様のお申し込み、お待ちしております。