Blog

この頃のこと20220517

こんにちはこんばんは。

前回に引き続き靴教室のことを。

先日の靴教室でベビーシューズが完成しました。
ギフト用です。

キャンディー缶の中身のような、トイ・ストーリーの
キャラクターにいそうな、元気が出るポップな色合いと
いうこともあり製作期間中は生徒さんの棚のアイドル的存在でした。

早く仕上がりが見たいね、と思いつつもその愛らしさに
ずっと棚にあって欲しいようなそんな存在でしたが、
仕上がりのその瞬間はやはり嬉しく、私を含め完成の
タイミングに居合わせた方々は愛おしさの思い100%で
その瞬間を見届けました。

生徒さんご自身の靴やバッグ、小物類が仕上がる瞬間も当然
嬉しいけどその先に贈り先があるものを一緒に仕上げていく
ことも実に嬉しく。

正確にいうと嬉しさ半分、責任感半分、かな。
お贈り先の方が喜んでくれるよう仕上がるまでの
道案内はちゃんとしたいなという思い。

作り手である生徒さんも自分のものじゃないという
プレッシャーで楽しめない瞬間もあっただろうなと
思うけど、こんなに可愛く仕上がってとっても
嬉しそうでした。よかったよかった。

こんな感じで大人の靴はもちろん、ベビーシューズや
子供靴も靴教室ではお作りいただけます。

靴は製作期間がとても長い上に、それぞれのペースで
進めていくため靴教室の様子をこまめにご紹介することが
なかなか難しいのですが、ちょこちょことまた書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと20220516

こんにちはこんばんは。

今日は靴教室のことを。

靴、と書きましたがこの頃はワークショップ用にと考えた
ミニトートミニショルダーバッグを靴の作業の合間に
作ってくれる生徒さんが多いです。

そして教室の日にそれらを持ってきてくれて、
勝手よく使ってくれている様子を見ることができ
毎度毎度嬉しいなぁなんて思ってます。

で、今日はそのふたアイテムとは別で、この頃じわりじわりと
靴教室内で製作希望者が増えているアイテムがあるので
そのご紹介です。

こちらも同じくトートバッグです。

サイズは大きめで、先述のミニトートと並べてみると
こんな感じ。

裏地はつきませんが、あれこれと施しを入れることでご覧の通り
ハリのある仕上がりになります。

持った様子はこのぐらいです。

荷物をコンパクトにまとめられる方であれば1泊、いや
2泊ぐらいの旅行には行けるかも?という大きさです。

前回投稿のIDカード入れでも少し触れたように、
出社の回数が増えたり、外出の機会も戻りはじめ、
荷物がまとめられる大きめのバッグがあると便利だなと
感じはじめた生徒さんが多いのかなという肌感です。

そして、ミニショルダーと合わせ持ちすると勝手がいいという
お声も出ております。

縫製は全てミシンで仕上げます。ということもあり
こちらは靴教室か、スタジオ開催のワークショップのみで
お作りいただけるバッグです。

材料費は革により異なりますが28500円〜です。
(ワークショップ枠でのご参加の場合は要別途参加費/3時間3850円)

このバッグ元々は7年ほど前にもう少し簡易的なバージョンで
作った生徒さんがいて、それを見た生徒さんが欲しいと思い作り、
さらにその生徒さんのご家族が作って欲しいということで
補強バージョンが生まれ、さらにそこからブラッシュアップしていき〜、
と現在の仕様に現時点で落ち着いている所です。

このトートも作る人が増えてきたらさらなる仕様変更が加わっていくのかな。

生徒さん同士で発展させ合い、改良されていくことが多いのもいいなぁと
思うし、良きアイディアがあれば独り占めせずに共有していく場である
ことも誇らしいし、な靴教室です。

って靴の話じゃないんですけどね。すみません。

靴はバッグや小物よりもよもパーソナルなので共有というよりも
切磋琢磨という感じかな。素敵な一足が仕上がると互いの刺激になって
いるなと、靴教室の最中に思ってます。

靴教室で出来上がる靴のことも含め、また書きます。

生徒さん靴ページはこちらから。是非ご覧ください。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと20220514

こんにちはこんばんは。

先日お伝えしていたIDカード入れが完成したのでそのご紹介です。

オフィスではIDカードはリーダーにかざして入退室をするので
カード自体を取り出すことはほとんどないと思いますが、
お昼休憩の時などにさっとICカードが取り出せたり、ちょっとした
メモ類などを一時的に入れておけるポケットがあると便利だとの
お声をいただき、背面に少し浅めのポケットもつけました。

先述の通り、IDカードは取り出すことはないというよりも簡単に
取り出せるような状況になってはいけない物なので、首から下げる
ストラップを取り付けるDカンを通すループにスナップを付け、
そのループが蓋のようになる仕様にしました。

アクセントにもなって個人的に気に入ってます。

と、あれこれ書いたんですが、IDカードやセキュリティーカードの
取り扱いは会社ごとに違うらしいです。場合によっては企業ポリシーの
書かれたカードを一緒に携帯し、しかもクリアで見えないといけないという
所もあるんだとかで。

他にも色々、会社によってルールがあるのかなと思います。
そんなことも含め、勝手よくお使いいただけるようにご希望・
ご都合に合わせてお仕立てもいたします。お気軽にご相談ください。

今日は製作事例のご紹介でした。

こんなことも織り交ぜつつ、また書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと20220513

こんにちはこんばんは。

梅雨前のカラッとしていてほしい時期なのに
梅雨のような天気が続くこの頃ですね。

雨の時期は革は管理がなかなか大変です。

革を保管している部屋の通気をよくし、ホコリが湿気を溜め込まないように
時折革棚から革をおろして棚に掃除機をかけて・・・と過保護に。

過保護というか任務が一つ(いや三つ四つ・・)増えるので梅雨が
始まると共に早く秋にならないかなぁと毎年思います。

と言っても、棚にある革は全てお気に入りなのでそれほど
苦でもないんですけどね。今年もそろそろ1回目の革棚の過保護に
取り掛かろうかなと思います。

そしてその革棚に不足していた革がようやく補充されました。

同じタンナーに同じ種類同じ色をオーダーしても毎回微妙に雰囲気・
風合いが異なるものが届くので、革の風合いも含めて仕上がりイメージが
出来上がっているときは到着まで祈るように待つことも。

でもこればっかりは仕方ないんですよね。人間だって個人差あるように
牛も個体差があるし、革がなめされる時期の気候にもよるし。

作り手初期の頃はこの個体差に悩まされたこともありましたが
いつの頃からかこの個体差に個性を感じて愛おしさすら感じています。

(時々個体差とは思ぬ違いもあったりして、そのときは
タンナーの職人さん、作業に集中できないような悩みでも
あったのかなとか思うようにして無理くり個性を植え付けたり・・)

今回も自信を持っておすすめできる風合いのものが届きました。
オーダーの打ち合わせやお教室でとご紹介していければです。

また書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと20220510

こんにちはこんばんは。

先月終わり頃のことですが、地方出張に出てました。

出張といっても行かされているのではなく行かせて頂く
という心持ちなので、仕事でありながらも非日常を楽しんで
いるという感じ。

特に今回は1年ほど取り組んでいたお仕事の完結だったので、
お仕事終えたあとについうっかり開放的な気持ちになってしまい
こっちでも手に入るものを買い物したり、普段は滅多にカフェなんて
行かないのに何箇所か巡ってお茶したり。

さまざまなお店や施設を周ったり、現地の友人にお店を探してもらって
美味しいご飯食べたりワイワイおしゃべりしたり、と逆お上りさん状態を
フルスロットルに満喫。しまいには帰りの飛行機で夜景を撮っちゃったり
してね。ああ楽しかった


マリンスタジアムが羽田到着直前の目印。
 
締めは、現地の友人に聞いていった中華料理屋さんにて、
せっかくだからと一人ギョービ(餃子andビール)。

この一杯で今回のお仕事は無事完結、かな。

餃子もものすごく美味しくて、信頼できる友人の言葉を
信じていれば美味しいものに出会えると再確認。

まだまだ行けていないおすすめのお店があるのでまたお呼び
いただけるよう心も体も健全に過ごしたいと心に誓いました。

また書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと20220508

こんにちはこんばんは。

昨日、近所のホームセンターに行ったらとても賑わっていまして。
で、実際には去年も一昨年も物凄く賑わっていたんだけど、空気感は
明らかに異なり、昨日はリラックスした雰囲気の店内。

買い物へ行き目的のものを入手する、ただそれだけなので
何も違わないはずなのに、やっぱりこの2年は緊張感の中で
生活をしていたんだなぁと改めて感じました。

まだまだ気をつけなくてはないけない状況ではあるけども
コントロールしなくても気持ちを軽やかにさせられる時が
戻ってきたんだなと嬉しくなりました。

そんな状況と少し似ているかも、ですが、立て続けに
IDケースの製作依頼を受けました。オフィスなどで働く人が
首から下げているあれ、です。

フルリモートだった会社もオフィスワークを少しずつ戻して
いるとの話は耳にしていたけども、まさか自分の仕事を
通して実感するとは、です。

ということで、今後もオーダーいただく機会があるかもしれないし
しっかりとしたサンプルもなかったので、試作をいくつか
しています。

会社によって社員証やセキュリティーカードの保管方法の
ルールは異なると思いますが、+αな使い勝手をご提案できればなと
思います。仕上がりましたらこちらでもご紹介します。

全てが以前のようになるとは思えないし、しかもそれではこの2年の
意義がないような気もするけども、やっぱり私たちが当たり前と
思っていたことが少しずつ生活に戻ってくることは嬉しいですね。

また書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと20220506

こんにちはこんばんは。

連休中、急遽で生徒さんとそのお嬢さんが
ご参加のクローズドのワークショップを開きました。

お母さん(靴教室の生徒さん)が作ったWS用アイテムの
ミニショルダーを見て欲しいなと思ってくれたそうです。

アラフィフ靴屋が考えたアイテムが女子大生に響いたことが
とにかく嬉しいのはもちろんのこと、親戚以外でこのぐらいの
年齢の方々とゆっくりお喋るをする機会はないので、若い子と
過ごせて私にとっては実に明るくて豊かな時間でした。

ご参加ありがとうございました。またいつでも来てくださいね。

さて、
若い子、って言い方を若い方達が聞くと嫌だなぁと
思うかもしれないのですが、私にとって若いという言葉は
ポジティブな意味でして。

私はずっと思っているんですが、若さは才能だなと。

もっと細かくいうと、若いと自覚してその若さにフォーカス
するというか、その才能(若さ)を活かして生きていくことと
いうか、若いことをアドバンテージに捉えられる心持ちって
すごくエネルギーに溢れているし、上の世代から見ても
気持ちがいいし、応援したくなっちゃう。

私は若い頃ちょっとハスに構えて物事捉えてしまうことが多く
もっと若い時しかできない羽目の外し方や流行を真っ向から
楽しむことをしてたら、さらに広い目線を持てていたのかもって
思うことが多く。

もちろん、その構え加減がうまく機能して今があるんだとは思うので
結果的に若さを謳歌していたってことかな。私が若い頃って周りに
どんなふうに映っていたんだろう。聞くのが怖いような、知りたいような。

さまざまな年代の人と関わるってすっごく気持ちがいいなと今回思いました。

世代を超えた交流って互いに気遣いが必要だし楽なことではないかも
しれないけど、気持ちに抜け感が生まれるなと感じました。

そして、自分よりも下の世代にも響くモノづくりをしていきたいなと
改めて思いました。ものづくりの世界はまだまだ未来があるようです。

また書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと20220504

こんにちはこんばんは。

連休前半の不安定な天気と打って変わって
気持ち良い天気が続きそうな後半戦。

毎年ゴールデンウィークは教室はお休みして
オーダーお仕事をしたり、片付けをしたりと
過ごしていますが、最大の連休仕事は衣替え。

スタジオmmkの二人は非常に寒がりなのもあり
「なんでこんなにあるんだろう。。。」というほど
ウールアイテムが山ほどあるため、毎年連休中に何日かに
分けてウールもの洗いをして衣替えです。

洗って干して、乾いたらシダーウッドスプレーして
アイロンかけて茶箱へ。

以前は洗って干してスプレーして、スプレーが乾いたら
しまう、って流れでしたが何年か前からアイロンがけを
入れ込んでます。

これはとある貸衣装屋さんがアイロンをかけてから
しまうことでよりしっかり乾かして保管できることと
痛みやほつれのチェックができることにより、
より衣服の寿命を長くすることができると
話しているのを聞いたことがあるからです。

確かに、「あれ、釘引っ掛けたかな」ってセーターから
ループが出てしまっていたり、接着剤がちょっと飛んでたな。。
なんて塊を見つけたり。ループの部分はできる範囲で針で
戻してあげて、接着剤がついてしまった箇所は可能な範囲で毛玉とり
ブラシを使って取り除いてあると翌年また気持ち良く着れて
結果長く愛用するニットウエアばかりに。

と色々書きましたが、靴屋じゃなければ起きないダメージ
ばかりですねぇ。。ただ、お気に入りを着てお仕事できるって
幸せなことなので、これからもお手入れを怠らずたくさん
着ていこうと思います。

靴もどんなに履き込んでもこまめにお手入れしたり、底材の
修理をしたり中敷の交換をすることで長く履いていただけます。
ぜひ衣替えのタイミングで普段お履きの革靴もお手入れして
みてください。修理が必要かな?なんてときはぜひご相談
ください。

今日はあんまり靴と関係ないことでしたが、
時にはこんなことも。

また書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと2020503

こんにちはこんばんは。

今日もつらつらと。

スタジオmmkでは前身の(と言ってもただ単に10年を区切りに
名称を改めただけですが)mmk靴工房立ち上げ当初より靴作り教室を
開催しています。

今思うと、経験値も浅く知識も乏しい私のもとでものづくりをしたいと
思ってくれた当初の生徒さんたちには心の中で常に頭が下がりっぱなし。

そんな靴教室も工房歴と同じだけ歴があり、長い生徒さんだと
17年在籍してくれている方も。他にも長く通ってくださる方ばかりで、
私の人生の奇跡と言っても過言ではないほど感謝が増すばかりの年月。

で、その最長在籍の生徒さんと15年ぐらい前?に一緒に考えたのが
このメガネケース。(靴教室といいながら革小物やバッグがよく
生まれるなぁ)

先日靴教室の生徒さんが作ってくれました。
可愛い配色だったので写真撮らせてもらいました。

お教室の生徒さんで作りたいと言ってくれる方も多いし、
オーダーでもご依頼いただくことも。

メガネケースとなるとハードケースがお好みの方が多いというか
革だと心配だなとおっしゃる方も多いので、その不安を少しでも
解消させた革のメガネケースを目指して作りました。

この頃ではシニアグラスやサングラスなど、付け外しが多発する
アイウエアの着用が増えてきたので、ますますメガネケースの
ポジションは心満たしアイテムとなりつつあるなという肌感覚。

メガネケースで可愛いの欲しいななんて思っていた方に刺さる
構造だと嬉しいです。

こうやって、スタジオmmk発信だけではなく生徒さんの声から生まれた
アイテムがとても多いです。そしてリクエストを聞くたびに作ってみたい
ものや欲しいものが言語化できるってすごいなーって、思ったり。

靴教室のこと、これからもっと書いていきますね。

また書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子

この頃のこと20220502

こんにちはこんばんは。

今日もつらつらと。

お財布を作り出したのはいつ頃だったかなぁ
と、思うほどお財布をオーダーいただくことが
当たり前になって久しいです。

先日も以前お財布をオーダーくださったお客様より
ギフト用のお財布の製作依頼をいただきました。

靴屋なのに小物やバッグにも期待を寄せていただけて
ありがたい限りです。

小物もバッグも、靴ではないものを作るときは、ちょっと
だけ靴屋であることがコンプレックスだったりしてます。

正確にいうとそれらの作り手の方々へのリスペクトが強い、かな。
やっぱり、革小物や鞄を専門にやっている作り手の方々ほど
ノウハウが溜まっていないなと感じることが多いので
経験値に脱帽という気持ち。

一方で、靴屋ならではの手技も取り込みながら作り上げていると
いう点では、その道の方とは違う目線で革小物やバッグを作り
上げられてるんじゃないかなと思っていて。これからもここを
強みとしながら小物やバッグにも取り組んでいけたらなと。

肝心なのはオーダーくださるお客様が求めているもの、
もしくはそれ以上じゃないとどんなに手技が熟したとしても
納得いただけないんだよなぁ、というのが最終着地点。

小物や鞄も靴と同様、オーダーでお好みに合わせて
お仕立てしています。靴屋の靴同様に、靴屋の革小物や
靴屋の鞄もよろしくお願いします。

インスタグラムでは
靴屋の鞄、とか
靴屋の財布
靴屋の革小物
(あとスタジオmmk式三つ折り財布なんてのも)
のハッシュタグで検索もかけられます。
時々他社さんのものも上がってくるかもですが、
よかったらオーダーの際の参考にしてください。

また書きます。

スタジオmmk 鈴木満美子