Blog

革小物ワークショップ開催日程ご案内

こんにちはこんばんは。

今日は月一で開催している革小物ワークショップの開催日程と
空き状況のご案内です。

ーーーーーーーー
7月8日(日)
10:00~ 空き1名 14:00~ 空き2名

8月19日(日)
10:00~ 14:00~
ーーーーーーーーーー

ご参加ご希望の方は下記記載の項目をお書きの上メール、
またはお電話にてお問い合わせください

・お名前
・お電話番号
・参加希望日・時間
・製作したいアイテム
(初めてご参加の方はhttp://mmk23.com/?p=6176に記載の
アイテムからお選びください)
※お選びいただける革のお色については返信時にご案内いたします

過去に一度参加経験のある方は個別に製作したいものを作ることも
可能です。リクエスト等ありましたらお気軽にご相談ください。

革小物ワークショップ関連の記事はこちらからまとめてご覧いただけます。
http://mmk23.com/?cat=23

3名以上集まる場合は上記日程以外での個別開催も可能です。
(平日水曜日または金曜日)
また、出張ワークショップのご依頼もお受けしています。お店様や
施設のほか、個人宅への出張も可能です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせお待ちしております。

セットポジションご紹介

こんにちはこんばんは。

梅雨入りして、雨がなくてもスカッとしないこの頃ですね。
雨を心配して革靴が履けない、との声も聞くこの頃です。

今年に入って三つ折り財布のオーダーを頂く機会が大変多いです。
開発に時間をかけたアイテムだったので嬉しさひとしおです。
ありがとうございます。

一方で、コンパクトがゆえに長財布ほどはいろんなものが入らない
のでは?とのお声も多いです。残念なが長財布にはかないませんが、
それでもカードのポケットには各3~4枚、小銭はがま口のように
たっぷり入る容量です。

とは言ってもカードは増える一方というのがみんなの(特に女性?)の
共通の悩み。ということもあって、私は最近はお金の種類?によって
住み分けをしています。個人的な使い方ですがご紹介させてください。
手前・左から時計回りに

・三つ折り財布⇨私個人と仕事のお金 保険証や診察券、クレジットカード
・フラットポーチ⇨食費、生活費。ポイントカード類も全てここにまとめて。
がま口のように広い内径なので小銭もカードも探しやすいです
・パスケース⇨suica・ETCカード・免許証と名刺を少し 
Dカンに鍵をつけたナスカン付きストラップをつなげています。

住み分け式にして3ヶ月ほど経ちますが、意外と荷物がコンパクトにまとめ
られて、なおかつお金の流れがよく見えるようにも。
もしお財布に収めたいものがたくさんある方は、お金の種類で住み分けるのも
ありだと思います。(多機能なものを一つ持つよりも単機能もので住み分ける、
アウトドアのアイディアに似ていますね。)

なお、
三つ折り財布はオーダーでお作りしているアイテム、
フラットポーチは革小物ワークショップでご提案しているアイテム、
パスケースは布物作家のkurumakiさんの個展用にご提案したアイテム
です。

使ってみたいな、作ってみたいな、という方がいらっしゃいましたら
お気軽にお問い合わせください。革小物ワークショップに関しては
他にもご提案しているアイテムがたくさんありますのでリンク先
是非是非ご覧ください。

なお、kurumakiさんの個展用にお作りしたこのパスケースは現在一つだけ
在庫のご用意があります。気になるな、という方がいらっしゃいましたら
お気軽にお問い合わせください。

その他のスタジオmmkのコンパクトなアイテムといえば、日頃愛用
しているのが2wayポシェットです。

「こんなに小さいと荷物が入らないのでは?」
と、このポシェットについてもよくいただくお声です。

日頃は上記の三つのアイテムに加えて、携帯電話や車の鍵、ハンカチなどを
収めてこのぐらいの使用感です。

ゆったり、というわけではないですが蓋もきちんとしまって
ピッタリ収まるようになっています。

ただし、手荷物については個人差がありますので、ポシェットに関しては
サイズや仕様の変更などもお受けしています。お気軽にご相談ください。
ポシェットについてはこちらでもご紹介しています。あわせてご覧
いただけたら嬉しいです。

今日もご覧いただきありがとうございました。

オーダー製作、ワークショップ、shitaukeお仕事、そのどれもが
スタジオmmkの仕事です。それぞれ別々の柱ではありますが、土台は
全てつながってます。前身のmmk靴工房から改称した時に「スタジオ」と
つけた理由につながっているかなとも。このお話はまたの機会に。
(と改称した時にも言っていたのに未だ話したことないかも、です・・)

靴教室のこと

こんにちはこんばんは。

梅雨入りするかな?しないかな?!の瀬戸際の関東地方。
今日は心地よい風がスタジオに通り抜ける1日です。

つい更新を怠ってしまってお恥ずかし限りなのですが、生徒さんの靴
ページを時折更新しています。ぜひぜひご覧ください。

その靴教室について最近ブログではあまり触れていなかったので、
久しぶりに書いてみようと思います。

靴教室に見学にお越しのかたにいただく質問で一番多いのが
「一足仕上げるのにどのぐらいかかりますか?」
です。

デザインやそれぞれのペースはありますが、一足目は半年〜8ヶ月ぐらい、
二足目以降も半年はかかるとお伝えしています。1年以上かけて一足仕上げる
生徒さんも多いです。そのぐらいじっくりと作業に向き合います。

時間かかりますね、はい、かかるんです。靴作りって。
でも作ってみるとわかるのですが、半年では足りないほどの作業工程。
1足目はちょっと遠いゴールに向かって手探りするように進んでいく
感じなのでさらに時間がかかります。

以前からお伝えしている通り、スタジオmmkの靴教室のテーマは
セルフオーダーメイドです。作り手・自分、お客さん・自分。

どんな靴を履きたいのかはもちろん、靴のこと・歩くことで何に悩んで
いるのかを自分自身に問いかけたり言葉にしたりと、作ること以外に
大切にしたいことを一つずつクリアにしていく作業も含まれます。

もちろんいきなりすべてを言葉にできるわけはないので、ぼんやりとした
イメージを少しずつ声にしてもらって作業の手ほどき以外にも脳内に
散りばめられたイメージを組み立てるお手伝いをしながら進めています。

ただ作るだけ、となると形にすることだけに特化してしまいそうですが、
自分がお客さんと思うと欲しい靴を履きたいし、使いたいカバンを使いたい、
リクエストに答えて満足したい(させたい)ってなるのでゴールは遠いけど
クリア、です。ぜひご自身の手で自分だけの一足を作ってみてもらいたいです。

お教室にご興味お持ちの方がいらっしゃいましたらぜひ一度見学にお越しください。
お問い合わせお待ちしています。靴教室についてはこちらでご案内しています。

今日もご覧いただきありがとうございました。
以前、
「1年に一足、お気に入りの靴が増えていくってなんて豊かなんでしょうね」
と言ってくれた生徒さんがいました。

この言葉は宝物としていつも胸に刻まれています。
靴教室の生徒さんには同じ作り手としてたくさん学ばせてもらっています。
いつもありがとうございます。

革小物W.Sアイテム:ベルト

こんにちはこんばんは。
今日は革小物ワークショップの新しいアイテムのご案内です。

今回は革ベルトをご紹介します。
ーーーーーーーーー

イタリア製タンニンなめしの厚口の革を使ってベルトを作ります。
あらかじめ裁断した革に穴を開け、手縫いでバックルを取り付け、
お好みの長さに専用の道具を使いカット・お好みの位置にベルト穴を
開けていただきます。途中革のコバや床面を磨く作業も行ないます。
(ベルトの仕上がり寸法は最長で120センチとなります)


ベルト作り用の道具いろいろ。


バックル見本。上から25ミリ、30ミリ、35ミリ。

所要時間:3時間
価格:サイズにより異なります
・25ミリ幅 7800円
・30ミリ幅 8000円
・35ミリ幅 8200円 ※全て税別

〜色〜
バックル:真鍮
革:こげ茶

今回ご用意している革はイタリア・ワルピエ社のマレンマという革です。
ワルピエ社の革ではブッテーロがよく知られていますが、ブッテーロよりも
さらにオイルを入れ込んだ革で、堅牢さがありながらしなやかな質感です。

ご自身用への製作はもちろんのこと、贈り物としても大変おすすめのアイテムです。
この機会にぜひ上質な革をお楽しみください。
(贈物としてのご利用の場合は事前にサイズを測ってきていただくか、
普段使用されているベルトをお持ちください。また簡単なものとはなりますが
ラッピングもお受けいたします)

お申し込みはお電話・メールにてお受けしています。
・お名前
・お電話番号
・ご希望のベルト幅
・参加希望日時
をおしらせください。

革小物ワークショップ開催日
6月10日 午前午後ともに満席 キャンセル待ち受付中です
7月8日  10時〜 または 14時〜
8月 現在日程調整中

※ベルトの幅は当日の変更はお受け出来ません。ご注意ください。
※持ち込みのバックルでの製作は現在お受けしていません。

3名以上集まる場合は個別での開催もお受けしています。(水曜or金曜、
靴教室がお休みの土日)ご友人同士やご家族でのご参加も大歓迎です。
是非ご利用ください。

また、スタジオmmkでは革小物作りの出張ワークショプのご依頼もお受けしています。
ご興味お持ちのお店さまや施設の方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い
合わせください。

お問い合わせお待ちしております。

studio mmk since 2003

みなさま、こんにちはこんばんは。

寒暖の激しい3月が終わり、晴れ晴れとしたお天気で4月スタートとなりました。
すっかりご無沙汰してしまいましたが、お変わりありませんでしょうか?

この春でスタジオmmkは15周年となりました。ここまで続けてこられたのは
スタジオmmkに関わってくださる全ての方々のおかげです。この場を借りて
改めまして、ありがとうございます。

過去の時間を大切にしつつ、これから先に続くモノ作りの道へも思いを馳せ、
今できることに一つずつ真摯に向き合って、今まで通り伸びたり縮んだり、
大きく進んだり時折立ち止まりながら進んでいきたいと思います。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

スタジオmmk 鈴木克利 鈴木満美子

今年もよろしくお願いします

みなさま、こんにちはこんばんは。
そして、新年のご挨拶が大変遅れてしまい失礼しました。

改めまして、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

スタジオmmkの2018年は1/4より製作からスタートでした。
お教室は1/11からスタートとなり、ワイワイ・黙々の時間を迎えたことで
ようやく通常営業に戻った感覚です。


お教室・ワークショップともに今年もたくさんの方々とご一緒
できるのを楽しみにしています。よろしくお願いします。

この春で前身のmmk靴工房時代から数えて丸15年となります。
ここまで続けてこられているのは、私たちと関わってくださる方々の
おかげだと日々感じています。改めまして、ありがとうございます。

今年は区切りの年ではありますが、気持ちは区切らず、真摯に誠実に、
でも軽やかに楽しくものづくりと向き合っていきたいと思っております。
毎度のこととはなりますが、伸びたり縮んだり、大きく歩いたり、
ゆっくり歩いたり、時には立ち止まりながら進んでいく毎日でありたいと
思っています。変わらずお付き合いいただければ幸せです。

改めまして、今年もよろしくお願いします。
皆様にとって’ワン’ダフルイヤーとなりますように。

スタジオmmk 鈴木克利 鈴木満美子

ありがとうございました

みなさま、こんにちはこんばんは。

2017年の最終日、いかがいお過ごしでしょうか?
例年通りミシンのお手入れをして本日すべての
お仕事終了となりました。今年1年、とても頑張ってくれた
大切な老体パートナーたちに感謝をする時間。いつも通りの
年末を迎えることができたこと、嬉しく思っています。

改めまして、2017年も大変お世話になりました。

ご依頼くださいましたお客様、お教室やワークショップの生徒さん、
お付き合いくださいました皆様、見守ってくださった皆様、応援して
くださった皆様、スタジオmmkにかかわってくださいましたすべての
方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。

今年はとにかくたくさん手を動かす一年でした。
振り返ってみて、やはりこの点が一番嬉しく、そしてたくさんのご期待を
受けているんだな、と背筋が伸びる思いでもありました。手を動かすことは
注文靴屋としてこれからどうあることが健やかなのだろう、と先を見据えた
こともアレコレと考える時間にもつながり、とても豊かな一年でした。

2018年も伸びたり縮んだり、前後移動したり、時には横にステップ刻んだり
しながら注文靴屋道を歩んで参りたいと思います。引き続きお付き合い
いただけたら幸せです。どうぞよろしくお願いします。

2018年が皆様にとって素敵な年となりますように。
どうぞ良いお年をお迎えください。

スタジオmmk 鈴木克利 鈴木満美子

旅するスタジオmmkのご案内

みなさま、こんにちはこんばんは。
今年は秋と冬の境目が分かりづらい季節の移ろいですが、
お教室の生徒さんたちも厚手の上着を着てくる方が多くなり、
冬が来たんだなと思う11月の終わり。

そんな今日は注文靴の出張についてのご案内です。
注文靴・注文カバンのご依頼はスタジオでの受付のほか、
出張もお受けしてます。

今までも幾度か地方を含めた出張をしてきましたが、概要を
記したことがありませんでしたので改めましてご案内いたします。

〜首都圏の場合〜
スタジオ(千葉県市川市)からの実費交通費をご負担いただいています。
注文靴の場合は採寸する場所をご提供いただいています。カバンの打ち
合わせの場合はカフェなどのお時間取れる場所でも大丈夫です。

〜地方の場合〜
4アイテム以上まとまってのご依頼の場合にお受けしています。
個人さまでのご依頼はもちろん、お友だちやご家族同士などでアイテムを
まとめていただいてももちろん大丈夫です。
(オーダーをお受けする時間は同じ日時でお願いします)
※オーダー内容によってはアイテム数に変動あり

地方出張費は片道移動費を都度頂戴しています。首都圏同様採寸する場所や
打ち合わせ場所をご提供をお願いしています。
※宿泊を伴う場合は別途相談させていただいています

注文靴の場合は基本的に

・採寸
・フィッティング

の2回はお会いする必要がありますが、納品については郵送でお届けも可能です。
この場合は送料一部ご負担いただきます。直接伺いももちろんお受けしています。

これまでの出張の事例は以下の通りです。
・福岡県福岡市
・大分県日田市
・京都府京都市
・山形県山形市
・東京都内各所
・神奈川県内各所
・千葉県内各各所

出張の場合でもオーダーをお受けするまでの流れはスタジオや下駄箱展で
お受けする場合と同じです。靴のご依頼の流れについては
こちらから

ネットやSNSなどの発展のおかげか、首都圏から離れた場所でもスタジオmmkの
存在を知ってくれる方が少しずつですが増えているようで、時々お問い合わせを
いただくようになりました。本当にありがたいことです。

出張は馴染みの街とは違う場所で新しい出会いをいただける機会、心持ちは
”旅するスタジオmmk”。毎回ワクワクと楽しんでいます。

スタジオまではちょっと遠いな、と思っているけどもオーダーをご検討くださって
いる方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。

※出張ワークショップのご依頼もお受けしています。
旅するスタジオmmkことオーダーの出張受付と合わせてのご依頼もお受けしています。
是非お問い合わせください。

革小物WSでの気づき、いろいろ

みなさま、こんにちはこんばんは。
冬の入り口への扉が開いたな、という寒さが週末から続いていますね。
着るものの素材も冬仕様に完全シフト。

この寒い週末は革小物ワークショップでした。
出張のスタイルからスタジオでの月一開催にシフトしてちょうど丸一年。
おなじみましての方が増えたり、靴作りへ関心を持ってくれて靴教室へ
入会してくれる方がいたりと、スタジオmmkに新たな柱が増えた感覚。
とても嬉しいです。

新たに参加くださる方もいて、この週末にも初めましての方がいらっしゃいました。
初めてなの当然スタジオ内の棚に置かれた製作途中の靴や革見本を見るのも初めて。
たくさんの質問を受けました。

靴作りは私にとっては全くの日常で、立ち止まって深く考えることは意外と
少ないので質問を受けて改めて”こういう仕事を私はしているのだな”とか
“こういうこと大切に思って靴作りをしているのだな”と再確認したり再考したり。

ふとしたきっかけで投げられたボールを受けて見つめてみる、
こういう時間も大切ですね。

あとは不意に受けた質問なのにペチャクチャと話してしまう自分がいることに
ふと気がついた時に、やっぱり常に靴作りとクロスした思考で生きているのだなと
気がついたり。受けたボールはしっかり投げかえしたいタイプ、かな。

ふとそんな気づきのある1日でもありました。
初めましての方も、おなじみましての方も、たくさんのご参加をありがとう
ございました。

12月は革小物ワークショップはお休みとなります。
この1年、たくさんのご参加をありがとうございました。来年は1月7日が最初の
開催日となります。ご興味お持ちの方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い
合わせください。

色とりどり鳥

みなさま、こんにちはこんばんは。

今年は去年と違って秋が長いかなぁなんて期待をしていた矢先の
寒い寒い長雨。先週は半袖を着るぐらい暑い日もあったのに、
今日はセーターを着てもヒヤリとする1日でした。くれぐれも
風邪にはお気をつけください。

今日は新しいスタジオmmkのsnsアカウントのご紹介です。
夫・鈴木克利が新しくインスタグラムのページを立ち上げました。
https://www.instagram.com/studiommk_katsutoshi.suzuki/

スタジオmmkではこれまで注文製作と並行して革を用いた動物などのモチーフや
オーナメント作りを行ってきました。その世界観をより広く知ってもらえたらと
思い立ち上げたアカウントです。これから少しずつ新作をアップして行く予定です。
ぜひご覧ください。

久しぶりのモチーフ作りとういこともあり、まずはリクエストに上がった
アイディアをもとに、思いつくままに手を動かしているところです。
制限は多いですが自由度も高く、小さなところに大きな世界観が生み出せる
モチーフ作り。注文靴製作とはまた違う刺激があって楽しく手を動かし
始めています。来年以降のどこかでモチーフ類やオーナメントを一挙に
お披露目する場を設けられたらなとも思っています。こちらもご期待
いただけたら、です。

今後、先にご紹介したインスタグラムアカウントでは新作の革モチーフ・
オーナメントのご紹介の他に靴と洋服のコーディネートのご紹介や
モチーフ類の着用例などもアップして行く予定です。鈴木克利の
目線から見た世界を楽しんでいただけたら、です。ぜひぜひご覧ください。

今日もご覧いただきありがとうございました。
リハブとしてまずは作ったハチドリ。セーターにつけてみました。

うーん、ちょっと大きかったかな?
個人的にはお気に入り。次は革ジャンにつけてみようと思ってます。