Blog

新しい靴のこと05

こんにちはこんばんは。

すっかり間が空いてしまい、気がつけば11月。
はっとするほど時間が経つのが早いです。

10月後半は出張ワークショップのご依頼があったり、
別ワークショップのご依頼の打ち合わせやその準備があったり等々、
あまり製作に集中する時間がなかったのですが、11月はちょっと
ゆったりめのスケジュールをとってオーダー作業と新しい靴の製作に
集中しようと思っています。

早速ですが新しい靴のこと、その後です。

前回出た修正点を元に型紙をおこし直し、次のステップに進みました。
まずは一足、完成形を作っていきます。早速ですが裁断に入りました。

写真は先日、オットに裁断してもらった時の様子です。

これまでもこんなトピックの投稿の時は話題にしていますが
スタジオmmkでは裁断の全てをオットが担当しています。

彼の裁断スタイルは少しイレギュラーで靴用の道具を使って
裁断することはほとんどなく、基本的にはアートナイフと言われる
ペン型のカッターを使います。

アートナイフのメリットは細い刃先で繊細なラインを描けるところ。
靴はほとんどが曲線なので革用包丁だと動かしづらいんだそうです。

実際に彼の刃裁きを見ていると実に滑らかで、レーザーカッターで裁断した
かのような裁断面に身内ながら見入ってしまいます。

諸刃の剣のことわざのように、メリットがあればデメリットももちろんあって、
まずは刃が柔らかいのでコシのある革を裁断するときは思ったように刃が
動いてくれないことが多いです。

裁断している様子を見ると実に優雅な動きをしているのだけれども、
刃がスムースに動くように刃の握り方をこまめに変えたり、革を支える
場所を刃の動きに合わせてこまめに変えたり、と工夫をしながら
裁断しています。

あとは切れ味がすぐに鈍ってしまうので替刃のストックが
切れないように在庫管理が意外と大変。

とあとのはそれほど大きなデメリットではないですが、
こんな感じで、スタジオmmkは分業をしながら二人で一足の靴を
仕上げています。

ちなみに、この後の工程となるミシンの作業もオットの担当です。

作業が進んだらまた書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

出張ワークショップのご案内

こんにちはこんばんは。

10月とは思えぬ暑い日が多いですが、気持ちよく過ごせる
空気感が続いて嬉しいですね。

そんな今日は出張ワークショップのご案内です。

スタジオmmkが場を構える市川市行徳からほど近い、
江戸川区の葛西臨海公園駅に新しくできた商業施設「Ff」にて
10月17日よりスタートする「Ff WEEKEND WORKSHOP
produced by THE MARKETにスタジオmmkも参加いたします。

ーーーーー

スタジオmmkは10月31日の「選べるカラーコインケース作り」です。

ーーーーー

スタジオでの体験レッスンでもご紹介している手のひらサイズの
三角コインケースです。

ーーーーー

あらかじめカットされた革の中からお好きな色やテクスチャーのものを
お選びいただき金具を打ってコインケースにしていきます。さまざまな
色やテクスチャーの革を15種類以上ご用意しています。当日はお好みの
一枚を探してください。

ーーーーー

コインケースにも繋げられる革タグも一緒に作ります。
革タグにアルファベットや数字の刻印をいれてオリジナルアイテムに
仕上げましょう。革タグも沢山のお色をご用意しています。コイン
ケースとのコーディネートも楽しんでください。

ーーーーー

ご希望の方には革紐もご用意しています。(要別途450円)
首から下げたり、鞄の持ち手に繋げたり。さまざまな使い方をお楽しみ
いただけます。

ご予約時間内に限りとはなりますが、コインケースの追加製作も可能です。
追加料金はコインケースお一つにつき1000円となります。
贈り物などに、ぜひご利用ください。

ーーーーー

スナップボタンや革タグ用のチェーンはそれぞれ4色ご用意しています。
当日、選んだ革の色に合わせてお好きな金具を打っていきましょう。

なお、革タグの追加製作は一つ200円でお受けしています。

ーーーーーーー

革小物作りが初めての大人の方やお子様でも安心してご参加いただける
プログラムになっています。不安な作業がありましたら講師がサポート
いたします。ぜひこの機会に革小物作り体験にいらしてください。

スタジオmmkとしても出張ワークショップの開催は2年以上ぶりです。
久しぶりにスタジオを飛び出しての活動となり、今からとても楽しみです。

なお、今回Ff WEEKEND WORKSHOPにご参加に方にはFf kitchen base
でご利用いただけるお食事10%offクーポンをお渡ししています。
こちらも是非ご活用ください。

お問い合わせ・お申し込み、お待ちしております。

以下WS開催概要とお申し込み方法です。

ーーーーーーーーーーーーー

〜開催日〜
2021年10月31日(日)
※スタジオmmkの参加日は10/31のみです。

〜開催時間〜
①11:00〜
②12:30〜
③14:00〜
④15:30〜
各時間4組までとなります。
(親子でのご参加の場合はお二人で1組となります)
所要時間は50分程度となります。(前後する場合があります)

〜参加費〜
お一人1800円(お支払いは現金のみとなります)

※革紐は別料金になります 1m:450円
※追加製作分はひとつ1000円です
※革タグだけの追加製作はひとつ200円です

〜ご予約方法〜

メール・インスタグラムのDM、またはお電話にてお受けします。

メール:mail@mmk23.com
電話:047−399−0172
インスタグラム:https://www.instagram.com/studio_mmk/

メールやDMでのお申し込みの場合は下記をおしらせください。

・お名前(お子様がご参加の場合はご同伴の大人の方のお名前もお知らせください)
・当日ご連絡がつくお電話番号
・ご希望の時間帯

ーーーーーーーーーーーー

インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと04

こんにちはこんばんは。

台風一過後の気持ち良い天気が続きますね。

個人的にはこの時期が作業にとって一番快適な気候かなと思ってます。

そんな今日も新しい靴、が仕上がっていくまでを書きます。

前回書いた釣り込みを終えたフィッティングモデルに仮底をつけ、
中敷を入れて足入れです。

実際に形にしてみると、読み切れなかった点とか深読みしすぎたことが
浮き彫りになっていくので、それらの修正のためにあれこれ施していきます。


鏡を見ながらペンでラインを入れて理想的な線を求めたり
当たりが強い履き口にはハサミを入れて程よいところまで
切り込んだり、


足入れをした状態を鏡で見て全身の雰囲気を見たり、と。

修正点が思ったよりも多く出てしまいましたが、脳内のイメージから
的が外た感じもなく、次へのステップがクリアになりました。

さてここから大胆に修正を加えるか、少しずつ歩み寄るように
修正して段階的微調整を繰り返すべきか。

悩むところですが、まずはなすべきことがはっきりしたので
そこにフォーカスしてフィッティングモデル02号の型紙作りに
入ろうかと思います。

さて、肝心の足や脚・体への影響ですが、及第点かな、というところでした。
もうちょっと攻めてもいいかなと思う部分もあれば、もう少し甘やかして
もいいのかなぁ、というところも。

今回新しい靴を作るにあたり、今の自分だけでなくこれから年を重ねていく
自分に対して差し伸べたい一足を作りたいと思ったこともきっかけの一つでした。

甘やかし、はまさにこの想いと重なる部分なのですが、少し長くなると
思うのでこの辺りはまた改めて書きたいと思います。

今日もご覧いただきありがとうございました。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと03

こんにちはこんばんは。

今日も新しい靴のこと少し書きます。

正確には、新しい靴を作っている途中のこと、ですね。
チラチラ見せているわりに具体的に靴のデザインに触れてなくって
すみません。(ちょっと時差のある)現場ライブと思って
ご覧いただけたら嬉しいです。

前回までにお話ししていた革パターンをもとに仕上げた型紙で
フィッティングモデルを作っていきます。

フィッティングモデルというのは試し履き用の靴のことです。

ラフの段階ではあくまで革でラインを見るだけでしたが、実際に
足を入れることで見えてくる細かい修正点と、全身で見た時の
バランスなどを見ていきます。

そして肝心なこと。実際に履いた時に足と脚、そして歩行に
どのような影響を及ぼすかを見ていきます。フィッティングの
一番の目的です。

靴単体として良きラインとバランスが出せたとしても、良き
フィッティングが得られなければ結果的に活躍する一足には
ならないのが靴作りの難しいところ。

ということで、フィッティングモデルは簡略化する場所もありますが、
本番の靴と同じ工程で仕上げていきます。

裏革も付けるし、芯材も入れます。実際に歩くので仮の底材も付けて
中敷材も入れてその具合を見ていきます。


フィッティングモデル01号、まずはつりこみまで終わりました。
実際に履いて次のステップに進みます。果たして前に進めるか、
それとも振り出しに戻るのか。

さて、
今回は当初のイメージではブローギングを前提として作り始めました。
フィッティングモデルでは片足は省略という意味も込めてフローギング
一切なしでやってみたところ


あれれ?シンプルな切り替えだけも実に良い。とても良い。
ずっと見ていたら、こっちも履きたいかも?ってなっている私たち。

ただ、ブローギングなしとなると視覚的に受ける印象が変わって
しまうので、バンプの切り替え場所などはこのままでは詰まり気味な
印象となっちゃう。さぁ、困った。どうしようかな。
ブローギングなしバージョンの型紙作りにも入った方いいかも?!

今日もご覧いただきありがとうございました。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと02

こんにちはこんばんは。

空気はすっかり秋めいてきましたね。
と、書き出した今日は30度を超えてますが・・


しかし、入ってくる空気が程よく乾いていて
窓を開け放っての作業は実に心地よいです。

ってことで今日も新しい靴のことを少し綴ります。

前回はラフを作ってラインを見るところまでお伝えしましたが、
そのラフを私は「革パターン」と呼んでます。

ちなみに革パターンという言葉は業界用語でもなんでもなく、
私が勝手に呼んでいるだけで、(おそらく)そんな言葉は
どの靴作り現場にも存在しないです。お許しください。

話を戻しましてその革パターン、じゃぁなんでそんな呼び方を
しているかというと、ラフで作るアッパーに直接ラインを加えたり
切り込みを入れて理想のラインを探っていくからです。
洋裁の立体裁断のような手技、かなと思います。

木型の上で描いたラインを紙に落とし込み、その型紙をもとに
革を裁断してまた木型に戻すのですが、立体→平面→立体と
繰り返すうちに誤差が生じます。

誤差が生じる理由はいろいろです。平面と立体の違いや、縫い目が入る
ことでかかるテンションの影響、素材の特性、などなど。

あとは、頭の中では理想的と思っていたラインも立体に乗せると
なんじゃこりゃ!?って雰囲気に成ってしまうことも多く(汗)

ラフの段階でそこを減らす/なくせればいいのですが、なかなか
読み切れず、私は何度か繰り返して本パターン作りに入るようにしています。
答えが分かっているのに答えが出ない、実に歯痒い時間。

でも、個人的にはこの歯痒い時間が大好きでして。
想定したことが的外れじゃなかった時は嬉しいし、
仮に的外れだったとしても、本当の的が見えてくるし。
あとは、この時間だけは本当に自分たちのための時間って感じで
単純にゲームのようで楽しい。

おまけ話のような感じですが、
若い頃に少しだけお洋服作りを学びました。

結局お仕事になることはなく、ただの服好きの人で終わったなと思って
いましたが、型紙や縫製の際のあれこれにそのとき得た知識が役立って
いると思うと服作りを学んでいてよかったなと思うことが多いです。

何より、靴はお洋服を引き立てるバイプレイヤー
はスタジオmmkのモットーの一つ。

やっぱりね、お洋服って存在が靴を生かすし活かすな、と。わずかだけども
お洋服の知識が体に残っていたおかげで靴作りと靴をいろんな角度から
見れてるなー、と。

秋冬、皆さんもおしゃれしてお出かけくださいね。

また書きます。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

新しい靴のこと01

こんにちはこんばんは。

8月に勢いよくブログを書く!と書いておきながら
またちょっと間が空いてしまい気がつけば9月も半ばに差し掛かって
おりますね・・お恥ずかしい。。

改めまして、こんにちはこんばんは。

毎度お馴染みの前置きはこの辺りにしまして、早速ですが本題です。

リッチモンドチェルシー以来、しばらく新作の靴を作っていませんでしたが、
この夏から少しずつ着手し始めました。

と言っても、このご時世もあり、お披露目をする機会を設けるのも悩ましく。
せっかくなら、と思い新しい靴が仕上がっていくまでのあれやこれやを
ブログに書いていこうかなと思いました。

今回はスリッポンです。

細かくいうとサイドエラスティックシューズ、ゴム入りのスリッポンです。

個人的にですが、サイドエラスティックシューズって「これが答え」
みたいな雰囲気やラインがあって、その答えが出せないなら手を出さない
方がいいのかな?、でもやっぱり履いてみたいしの繰り返しでなかなか
作らずにいました。

でもある日、自分たちが履い歩いている姿が目に浮かんだんですよね。
それは快適そうだったんですよ。合わせるお洋服もイメージ湧いてきて。

それならばスタジオmmkフレイバーで作ってみればいいんじゃないかな?と
思いに至った次第です。

ここしばらくはラフを作りラインを見ては細かいライン修正、の繰り返し
でしたがようやく次に進めるかな?というところまで来ました。


ラフはシリアルNo.00~03。
No.03をベースにまずはフィッティングモデルを作っていきます。

ということで、今日はこの辺りで。ご覧いただきありがとうございました。
また書きますね。あ、今日のひとしなも間に挟んで行く予定です。
こちらも宜しくお願いします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

足もシフトチェンジ

こんにちはこんばんは。

長い雨が続いた関東地方でした。大雨だった地域の皆さんに
できる限り不便がなかったことをただただ願うばかりです。
引き続き安全にお過ごしいただければ、です。

今日はひとしなシリーズは一旦お休みして、最近のスタジオmmk
の製作現場レポートを少々。

今年はリピートのお客様からのご依頼が多いです。
10年以上のお付き合いとなる方も多く、互いに元気に年を
重ねられたことを嬉しく思うばかりです。

と同時に、互いに若い頃と明らかに体は変わってきていて、木型の
見直しや新たな素材のご提案が重要となってきました。

足長(23.5cmとか25cm、って表現する足のサイズ)に大きく変化が
ないのでお客様ご自身は小さな違和感程度のことが多いですが、実際に
採寸してみると足周寸法(足の幅や甲の高さなどなど)には大きな
変化がある事が多いです。

足周寸法こそ靴においては大切な要素なので、木型を見直したり
すでにお納めしている靴に対しては中敷類で調整をご提案したり。
あとは素材でもフィット感が変わってくるので新たな素材のご紹介も。

ちょっとの施しで歩行の楽さが変わるのであれば、やらないよりも
やった方が良い、というのが火を見るよりも明らかで。リピートの
お客様には良きタイミングでご提案させてもらってます。

好きなものを、その好きだった時のイメージのまま歳を重ねようと思うと
どこかでチューンナップやシフトチェンジが必要なんじゃないかな、と
個人的に思ってます。もし今履いている靴に以前のような便利さを
感じなくなったら是非ご相談ください。

さて一方で、前回の長財布の記事でも少し触れましたが、好みは突然違う
道に進むことも。特に体と気持ちってリンクしているので体の変化に合わせて
身につけたいものの好みも変わってきたり。実際に私もそういうことが
増えてきました。そんな時も是非お話聞かせてください。互いに発見が
あってますます楽しいオーダーになると思います。

今日もご覧いただきありがとうございました。
また現場よりあれこれレポします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

今日のひとしな:長財布

こんにちはこんばんは。

本日も前回に引き続き今日のひとしなをお届けします。
よろしくお願いします。

ーーーーーーーー
今回ご紹介するのはストラップ付き長財布です。

見開きの蓋面側に縦並びカードポケットを施し、内部に
札入れとコインケース、横並びポケットがある仕様です。

諸々収めてストラップを留め、手に収めるとこのぐらいの大きさ。
幅は一般的な長財布ですが、手のひらに収まるコンパクトな胴廻りに
仕上がってます。

※詳しい仕様やサイズはストラップ付き長財布のページをご覧いただければ
嬉しいです。

この形のお財布はお客様からオーダーいただき製作したのが最初でした。
その後沢山の方にオーダーいただき、このぐらいの容量や大きさの長財布を
探している方が多いんだなと、の発見が。

実際に試作したものを私物として使ってみたら現在の生活に実に良い塩梅。
無意識に探していたうちの一人だったようです。

もちろん、年齢や生活スタイルが変わってくると自分にとって勝手の良い
お財布は変わってくると思うので、お財布作りを通していろんな目線を
持てたらな、と。

あとは仕様に限らず雰囲気の好みも突然変わってくるんですよね。
これも実に不思議。

実際に、この黒いシボ感の強い革はオーダーバッグを作る際にお客様のお好みに
合う素材を探していた中で出会った革でした。これまであまり手を出さずに
いた雰囲気だったのに急に魅せられて即仕入れ。

それまでは使いながら馴染ませていくことが自分の好みと思っていたので
マットな革やそれほどツヤ感のない素材を選ぶことが多かったのが、この革との
出会いをきっかけにツヤ感のある素材にも積極的に目が向くように。

そうなってくると色んなことが数珠つなぎ、合わせて使う金具類の素材感も
様々なものを用いるようになったし、作るアイテムの視点もあれこれ増えました。
ある意味素材占い。いや、素材啓発?面白いですね。

残念ながら、この黒い革は現在取り扱いが終わってしまい、ご紹介できない
素材のひとつとなってしまったのですが・・、この心が掴まれる(掴まれてしまう)
感覚は全く色褪せず覚えているので、感覚を頼りにまた新しい素材を探したいと
思います。どうぞご期待ください。

それではまた次回の今日のひとしなも宜しくお願いします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

今日のひとしな:レースかがり財布

こんにちはこんばんは。

本日も前回に引き続き今日のひとしなをお届けしたいと
思います。お付き合いください。

ーーーーーーーーーー

今回ご紹介するのはレースかがりの二つ折り財布です。

お財布としての構造はカードポケットにコインケース、札入れという
一般的な二つ折り財布ですが、革のレース糸で仕上げるレースかがり仕上げ。

今回は様々あるレースかがりの中から、お客様のイメージに合う
ダブルステッチを採用。他にもシングル・トリプル、あとはシンプルに
かがるだけ、もあります。お客様のイメージやアイテムの特性に
合わせて変えていくといいかな、と思ってます。

レースかがりに用いたレース糸はカンガルーの革。
耐磨耗度が高く、テンションをかけても強度が下がりづらい素材。
そして薄くて軽いので存在感は出しつつもボリューム感を抑えられ
たかな、と。

ただ、メインの革とは別素材になるのでより一体感を出すには共革で
レース糸を作る方が◎かも、ですね。

このレースかがり、目にしたことはあったけども作業の経験が全くなく。
さぁどうしましょうか、からのスタートでした。

ですが、ご依頼を頂いた時に直感的にこれは絶対やってみたいと感じたので
お受けすることに。

未踏の分野でもありましたので、今回はしっかりとしたイントロ期間を設けました。

・レースかがりというものがどういうものなのかを学ぶ
・レースかがりに必要な道具や材料(具体的にいうとストレスなく
作業が進むための道具と、仕上げるものがより長持ちするような材料)
を調べる
・レースかがりの練習をする

ここには結構時間をかけましたが、この時間が歯がゆくも実に心地よくて。

うまくは言えないけども、いろんなものを得ながら一つずつ荷物を
下ろすというか、殻が破れていくというか。

視界が広がる瞬間はモノ作りの醍醐味の一つだなと個人的に思ってます。
でもこの瞬間が新しい何かを作り出す時のピークかな、とも。ピークは
作り手によって違うと思うので、こういうところもモノ作りの世界の
懐の広さですね。

それでは、
次回の今日のひとしなも宜しくお願いします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes

今日のひとしな:三つ折り財布・新型

こんにちはこんばんは。

そしてまたまた久しぶりになってしまってお恥かしい
限りです。文章を考えるが好きなのに、ついつい
手軽に発信できるSNSに傾倒してしまう自分がおりまして・・

インスタントもいいけども、自家製ブログも引き続き宜しくお願いします。

ブログを書く機会を増やせたらと思い、今日の一足の姉妹カテゴリーとして
「今日のひとしな」というカテゴリを作ろうと思います。

主に小物類や鞄類でスタジオmmkで定番化しているアイテムの紹介や
それらから見えてくる視点などを書いていけたらなと思います。

ーーーーーーーー

今日ご紹介するのはスタジオmmk式三つ折り財布・新型、です。

せっかく新しいカテゴリを作ったので、新しいものからスタートです。


センターのカードポケットがコインケースの蓋になる構造で、
三つ折りにたたむと手のひらに収まるコンパクトさです。

ボックス型のコインケースには20~30枚ほどの硬貨が入ります。
カードポケットには一般的なキャッシュカードの厚みの物が
使い始めのうちは3枚ほど収納可能で、革が馴染んできたら
5〜6枚は入りそうです。左利きの方の場合、コインケースの
開く方向は反対にすると使いやすいんじゃないかな?と
思います。

お財布の仕様がもっとわかりやすいよう、動画にしたものを
インスタグラムにアップしました。そちらもご覧いただければ
嬉しいです。

昨年から様々な仕様のお財布をオーダーいただいています。
この三つ折り財布もオーダーいただき初めて作った仕様です。

オーダーを頂く中でわかってきたことは、キャッシュレス化が進み、
ポイントカード類はアプリ化されたり、現金を持ち歩く機会が減って
コンパクトなお財布を探している人が多い一方で、減らせる量は
個人差があったり(特に子育て世代の方や通院の多い方は増える一方)
お財布一つで全てが完結できるようにお財布に全てをまとめて
いる方も多く、ただコンパクトであれば良いというわけではない
ということ。

お客様それぞれお財布に求めていることが違くて、お財布
作りは本当に奥が深いなと思うと同時に、自分のお財布への
アプローチはまだまだだなと感じまくってます。
靴屋の革小物、これからも深掘りしていければなと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

それでは、
次回の今日のひとしなも宜しくお願いします。

ーーーーーーーー
インスタグラム 製作アルバムページ
https://www.instagram.com/studio_mmk/

Facebookページ
https://www.facebook.com/studiommkshoes